カレイ遠投仕掛けの改良を図る

この間の釣りで、ちょっとした反省点がありました。

 

 

それがこちら。

f:id:konosirus:20180321071848j:plain

一方のハリスが切れて、もう一方のハリスもよれてしまっています。

 

今までは、カレイの入れ食いを体験する機会が少なく、

気付かなかったのですが、

 

どうやらカレイの仲間は何10メートルも巻き上げられているうちに、

かなり回転してきているようなのです。

 

上の写真を見ていただくとお分かりかと思いますが、

ハリスは幹糸にただ結んだだけ。そしてこの日使っていたのは

3号の比較的細いナイロンハリス。

 

最初のうちは軽く整えれば治る程度のものだったのですが、

度重なる魚の引きとよれのため、糸にはダメージが蓄積。

 

そこそこの良いあたりに合わせを入れた後、巻き上げ途中にバレてしまい、

回収した仕掛けにはチリチリになり切れてしまったハリスの残りが。

 

ハリスを結び直したり、新しい仕掛けに付け替えていると、

手返しが悪くなってしまうため、解決を図りました。

 

 

そこでできた仕掛けがこちら。

f:id:konosirus:20180321073348j:plain

 

 

基本的なバランスはそのままに、

以前、ロックフィッシュ用のリーダーとして購入した、

ジュニアシーガーの5号。

こちらをハリスとして使うというちょっとした贅沢。

 

そしてご覧の通り。

幹糸との接続にはステンサルカンを使用して糸よれ対策。

 

使用感は今度釣りに行ったときにあげますね。