高島漁港でカレイ!第2弾!

f:id:konosirus:20180402212233j:plain

またまたカレイを狙いに高島漁港へ向かいました。

 

またしてもこの釣り場を選んだ理由としては、

前回の釣行で、型の良いマガレイが投げ釣りでなくても

ブラーで手軽に釣ることが可能だということがわかり、

一つの釣り方として確立させようと思い至ったということが一つ。

今一つが、久しぶりに一緒に釣行する友人にいい釣りをさせてあげたいと

思ったこと。

 

確実に釣果をあげ、独特の雰囲気を味わうには磯が一番なのですが、

前回の釣行での話をすると

「高島漁港が良さげだね。」

という共通の結論に至り、5時半ごろに釣り場に向かいました。

 

早速準備を始めたのですが、なんと私が久しぶりの朝早くの釣行に

体調を崩して、近くのコンビニに用を足しに走るという悲劇。(TT)

 しばらくして戻ってくると友人はガヤで遊んでいました。

 

やっとの事でこちらも釣りを開始。

私はブラーでの釣りをメインにしたタックルで挑戦し、

彼は投げ竿2本とルアーロッドにブラクリをつけています。

 

投げ竿2本は2人で協力して使い、それぞれルアーロッドでカレイを狙います。

 

早速友人の竿にあたりがあり、唐揚げサイズが釣れますが

なかなかあたりが続かず、投げ竿にポツポツと忘れた頃にかかる程度に。

 

この日の朝、日が出る時間になっても小樽にしては濃い霧があたりを覆い

カレイの活性もどうやら下がっていた様子。

f:id:konosirus:20180402220538j:plain

やっとの事で少ないあたりを取りブラーでもカレイを釣り上げます。

リフト&フォール、シェイキング、ズル引き、ステイ

いろいろ試して探りをかけます。

 

我慢の釣りをしていると9時ごろだったでしょうか

霧が晴れて太陽が差し込み始めると、

投げ竿に次々とあたりが来るようになり彼は慌ただしく竿を持ち替えて、

カレイの引きを楽しんでいるようでした。

 

そんな中私の竿にもいいあたりが

f:id:konosirus:20180402220030j:plainここから時折このような良型のカレイを交えながら、

小型のカレイがかかり始めます。

 

あたりの頻度が増えたので、

誘い方や餌の付け方で魚を釣り分けられないかと試してみたりもしました。

餌を大きく、誘いを大人しめにすると型が揃い、

大きく断続的に誘い続けると小型の頻度も増えました。

 

小さなサイズをリリースしようとしていると友人のほうから

唐揚げをご所望とのことで、餌の垂らしを短くし、

大きめの誘いで数を狙います。

 

 時折あたりが途切れる時間もありましたが、投げ竿にはポツポツと

ブラーにもコツコツと釣れてきます。

 

今日のブラーでのゲストがこちら。

f:id:konosirus:20180402221553j:plain

イシモチガレイでした。

友人に、「この石みたいな硬い部分が名前の由来だよ」と教えると、

              「へー!それでイシモチねー!」

とお手本のような反応。笑

他にもスナガレイやカワガレイも1匹ずつ混じりました。

 

私が100メートルほど投げていた投げ竿に久しぶりにいいあたりが。

合わせるとなかなかの重量感で足元までなかなか浮いて来ず、

姿を見せたのはこちら、

f:id:konosirus:20180402222543j:plain

小さく見えるかもしれませんがこのオモリは30号。比較すると大きさがわかるかな?

実際に測ってみたところ39センチ!

良いサイズ!

投げ釣りでのマガレイとしては自己記録タイです。

卵で腹がパンパンのメスでした。

 

30分後、ブラーの竿にゴツっという重量感たっぷりのあたりが。

 

首を振る感触がただ者ではありません。

 

PE0.6号、リーダーが8ポンドのライトタックルということもあり、

無理はできません。

 

海底に突っ込もうとするたびにドラグが滑ってなかなか上がって来なかったものの、

足元まで寄せた後ドラグを少し締め、

思い切って浮かせにかかります。

 

水面に姿を現したのは……

 

f:id:konosirus:20180402223910j:plain

こちらも39センチ!!

この魚はなかなか楽しませてくれました。

40センチ代まではわずかに1センチ及ばないものの肉厚の良いカレイ。

不安感を覚えるほどの引きのナイスファイターでした。

 

夕方になるにつれてあたりがへっていき、

コマセ釣法の方にはあたりが出るものの、カレイは十分に釣ったので

6時ごろまではライトロックで遊びました。

ガヤの活性はよく、シャッド系のワームの

ジグヘッドリグでスイミングさせると連発。

小さくても小気味いいあたりを楽しませてくれました。

 

 

今日の釣果がこちら

f:id:konosirus:20180402224554j:plain

2人合わせて39センチを頭に唐揚げサイズまでのマガレイが18枚。

針を飲んだテレカソウハチが1枚。

他イシモチ、スナ、カワが1枚ずつ。

このうちの3分の1ほどがブラーでの釣果でした。

 

今日の釣果のほとんどは彼に持って帰っていただき、

釣り場で頭とワタを出しておきました。

以前までと違い、メスの卵も成熟し、白子の入ったオスも混じり始めたので、

そろそろ産卵行動に移るかもしれないですね。

天気が落ち着いたら、今度はロックフィッシュで出かけてみたいと思います。