久しぶりに友人との釣り!渓流釣り!

久しぶりに友人との釣行に行ってきました。

 

悪天候で前回の釣行が中止になったので、

もう一度都合を合わせていくことにしました。

 

とはいえ、一緒に釣りするのは午後から。

 

さあ、午前中は何をしようか。

 

大人しく時間まで家で過ごすという発想は

私にはありません。

 

ボウズ覚悟でチャターベイトを使ったランガンしてこようかな。

 

という訳で行ってきました若竹岸壁!

 

結果!

 

 

 

 

 

カスリもせず!

 

 

 

 

まあそうですよね。

 

二回連続で同じ場所からドラマが起きるなんてことはね。

移動しましょう。

 

かなり久しぶりに南防波堤に上がることにしました。

根元から丁寧に外海側も内海側も探って行きますが、

そうそうあたりはなく、他の方もほとんどがガヤだけ。

 

時間もあるし、本番はこの後なので気を張らずに探りますが、

少しづつ風が出てきました。

 

それに伴いフルキャストした際のボトムが分かりにくくなり始め、

どのレンジを引いてきているか自信が……。

 

根掛かりしにくいリグだと信じてボトムを取る回数を増やしていると…

 

はい。

 

南防波堤を甘く見ておりました。

 

底を取り直した直後がっつり根掛かり。

金属板がチャカチャカ言っているので、錘部分のスタッグだと思いますが、

悔しいことにラインブレイク。

 

アレだ、やっぱりここのロックフィッシュ苦手だわ。

なんでか根掛かりが異常に多いんだよなー。

よほど高島岬の方が楽です。

 

リグり直そうかと思いましたが、風が強く断念。

 

だってこれですもん。

f:id:konosirus:20180618202104j:plain

見事に沖からの強風。

まだ人がいる上に、波も低いので分かりにくいですが、

大分釣りにくかったです。

 

一足先に待ち合わせ場所に行くことにしましょうか。

 

餌も何もないのでルアーで挑みますが、あたりはなし。

 

30分ほどして、合流。

 

ああそういえば、今までこのブログでは友人のことを、

ずっと「彼」と呼んでいましたが、登場が多いので

ニックネームは何がいいか尋ねると、

「ノリーでいいよ。」と昔の懐かしいあだ名を出してきました。(笑)

身内ネタになりますが、

以降彼のことはノリー氏と呼ばせていただきましょう。

 

 

協力しながら川底をひっくり返して、

ヒゲナガカワトビケラの幼虫を仕入れます。

 

最初のポイントは餌では当たらず、

ルアーを通すと一発。

f:id:konosirus:20180618204740j:plain

小型ながらヤマメをゲット。

同じ流れでは2本目は出ず移動。

 

今度はボサ下からノリー氏が餌を流すも当たらず、

入れ替わりでルアーをダウンクロスで通すと2投目。

f:id:konosirus:20180618205430j:plain

グッドサイズ!

ギリ30センチの尺エゾイワナ(アメマス?)海行ったかは見分けられず。

 

私「後からルアーで釣っちゃってゴメンね。笑」

ノリー氏「いいよいいよ。泣」

ノリー氏が来るまであたり一つなかったのに、そこから連発。

優越感たまんないですね。笑

 

テンポよく釣り上がりますが国道下までは草がひどくめぼしい流れには流せず。

 

橋を越え、さらに上流部で良いポイントが連続していたので、

ルアーを通すも無反応。

 

ノリー氏も苦戦していた場所に餌を流すこと数投。

流す目印にコツッとくわえ込むいいあたり!

 

f:id:konosirus:20180618212001j:plain

22センチにサイズアップ!

 

思わずドヤ顔する私に

「え〜?ウソ〜。カッコ良すぎやん。」とノリー氏。

 

あまり調子に乗ってもいられません。

まだノリー氏に魚を釣らせてない!(ウグイのみ)

釣れそうな流れをレクチャーしながら、探ること数回。

小型のイワナを数匹追加し、堰堤の深みに流したという仕掛けに…

f:id:konosirus:20180618213027j:plain

やっとノリー氏にもヒット!

21センチ!良かった!

街中でもこんな体高のある精悍な顔つきのヤマメが釣れるなんて。

やっぱりトラウトの顔はかっこいいです。

 

ここからはノリー氏の逆襲が……。

わたしがルアーで苦戦するまに連発し、

エサに持ち直した私はウグイがポツポツだけ。

結果的には同じくらい釣って終了。

 

一緒に歓声をあげ、乗せきれないあたりに悲鳴をあげ、

称え合い、罵り合いながら時間いっぱい楽しめました。

 

 

最初はウグイだけで終わることも考えましたが、

思った以上に好釣果。

貴重な身近にある釣り場。

そんな釣り場で、気心知れた友との釣り。

いい釣りができて良かったです。

 

 

それでは。