マイワシ短時間勝負!

さて、

先週好調だったマイワシ

 

ネットで調べて見てもまだまだ好調な様子が伺えます。

 

土曜日の夕方、少しの間だけ時間ができたのと

日曜日天気が崩れるとの予報もあったため、

短時間勝負で小樽港へ出かけて来ました。

 

 

 

向かったのは好調な北浜岸壁方面。

良さげな場所を探して厩方向まで順番に見て行く予定です。

 

6時前に到着しまず北浜岸壁の色内埠頭寄りから様子を見ますが、

ダブルトリプルと上がっています。

 

なぜかちょうど何人か入れる場所があったので、

すぐさま開始。

 

今回はマメイカやカレイのブラー釣りに使っている

ライトタックルを使います。

自作の短めのハゲ皮サビキ6号を使用し、

オモリ代わりにはスプーンの5グラムを使用。

 

 

 

早速投入しますが、アタリがありません……

 

 

 

何組か右側ではポツポツ上がっていますがこちら側には

回遊がありません。

 

ところが、少し沖には時折り波紋が連続して立ち、

カモメも何やら様子を伺っています。

 

もしやと思い、可能な限りキャストして

狙ってみると……

 

グッグン!…ブルブルブル……

 

よし乗った!

 

巻き寄せると4本ばりのサビキに2匹とスプーンに1匹の計3匹。

 

群れが少し遠いと感じ、キャストしながらその後もポツポツと…

 

少しすると、波紋が岸により、周囲でもパタパタと上がり始めると

ふと気づけば足元にはマイワシの群れが通過していきます。

 

イワシたちの目の前で仕掛けを降ると、

すぐに乗って来ますが、

次に仕掛けを投入するまでには、

群れは数組隣に移動してしまいました。

 

今日のマイワシは活性はそれなりに高いものの、

小さな群れがいくつか回遊しているようです。

コンスタントに群れの回遊はありますが、

なかなか手返し良く釣れません。

 

 

そんな状況が終了する7時過ぎまで続き、

コツコツと釣果を重ねなんとか30匹弱。

f:id:konosirus:20180714233843j:plain

25センチ近いマイワシも多く、大型主体だった先週に比べると

18センチほどがアベレージと少しサイズダウン。

 

それでも1時間半ほどでこれだけ釣れればいい方でしょう。

 

暗くなるとあたりも遠のいていったものの、

数人の釣り人は夜釣りに向けて投光器を準備し始めていました。

私は早く夕食を食べたいので帰ることにしました。

 

今回は、前回疲れていたせいでできなかった

〆サバならぬ〆イワシ

 

三枚におろし、

多めに塩を振って2時間ほどおき、

最後に酢で1時間ほど。

 

やはりよく脂が乗っており、美味しかったです。

 

さあ、

この週末はどう過ごそうか。

流石にマイワシ狙いはもう飽きて来たので、

南防波堤で好調なサバを狙うか、

高島岬まで歩いてアブラコに挑戦するか……

うーん、迷う。

 

何を狙って出かけたかは、またアップした時のお楽しみということで…

 

 

 

それでは!