賑やか! お手軽フィッシング!

 

 

 

夏休み最後の釣りに出かけてきました。

 

 

今年の夏休みは天気の悪い中での釣りが多かったですが、

その夏休みもあっという間に終わってしまいました。

夏休み最後に出かけてきた釣りは果たしてどうなったのか……。

 

 

今回は初めて一緒に行く友人2人、SさんNさんと、

初心者向けで、手軽に狙えるハゼ釣りに行ってきました。

 

 

今回入釣したのは北浜岸壁。

チカやサバ、マイワシがポツポツと釣れていましたが、

ところどころに空いたスペースがあったので

扱いやすいコンパクトロッドにスピニングリールをセットし、

仕掛けも両カンオモリに1本バリの単純な仕様。

釣りの動作の基本が詰まったハゼ釣りに挑戦です。

 

まずは餌を付けずに、リールや仕掛けの細かい扱い方

キャスティングの仕方を教え、

慣れてきたところで餌のつけかたを教えいよいよ開始!

 

 誘いかたにも慣れてきたところで私も竿を出します。

 

1投目から良いアタリで良型のマハぜ!

f:id:konosirus:20180822220617j:plain

私「早速釣れたよー。」

 

写真を撮ろうとカメラを構えると……

いたずら好きのSさんの右手が(笑)

 

 

その後、海底の探りかたを教えていると、

Sさん「あっ!なんかきた!」

f:id:konosirus:20180823064715p:plain

早速良型のハゼヒット!

続いてはNさん

f:id:konosirus:20180823070609p:plain

ポツポツアタリはあるので、暇する時間などなく

「あー!餌ない!」「針外せない!」

と大変賑やかに。

 

f:id:konosirus:20180823064907j:plain

f:id:konosirus:20180823064916j:plain

f:id:konosirus:20180823064930j:plain

 

 私もレクチャーしながら合間を見て竿を出し、

アブラコやカニ、モヨウハゼの子供がつれました。

 

私とSさんには良型のハゼがかかりますが、

Nさんには小型やクロソイばかり。

 

Nさん「なんで私だけキープサイズ来ないのー?」

 

私 「もっと仕掛けはゆっくり誘うと良いかも。」

 

自分も釣りをした感覚から、その状況にあった釣りかたを探ります。

 

 

 

とはいえ今回はキープサイズの大きさをかなり大きめにしていたので、

3人とも15センチより小さいものや、痩せているものなどは

かなりたくさんリリースしていたので、

この時点でキープは10匹ほど。

 

あたりが途絶えるたびに小移動を繰り返していたのですが、

予報より早く小雨がぱらつき始め、

雨宿りしながら釣りができる場所へ移動。

 

仕掛けを用意し開始するも……

 

無反応。

 

 

f:id:konosirus:20180823193136j:plain

小一時間やってなんとかSさんに1匹。

どうやらここは今日はハズレのようです。

 

 

雨が弱まってきたので、北浜岸壁まで戻り、

空いた場所を見つけ始めると

すぐさまヒット! 

f:id:konosirus:20180823193014j:plain

 

 今度はSさんにもアタリ!

f:id:konosirus:20180823200647p:plain

と撮影中には

後ろでもNさんにヒット。

 

f:id:konosirus:20180823200951p:plain

2人一緒に記念撮影。

 

そして2人で難関のハリ外し。(笑)

 

 

その後は雨が降ったりやんだり。

雨具の用意はしていたので、

釣り続けていると沖の方にチラチラと魚の気配が出始め、

周囲でもイワシがかかり始めたので、

ラテオにジギングサビキをセットし、

フルキャスト

f:id:konosirus:20180823213339j:plain

かなり遠目でダブルヒット!

 

ここから、ハゼを釣る間に

時折イワシの群れが回り始めたので、

女子2人に竿を任せて見たり、

自分も本腰を入れて、ダブルトリプルを披露したり。(笑)

 

 

 

あっという間に30匹ほど良型のみをキープし

リリースも20匹ほど。

ハゼも30匹近く(内リリース7、8匹)。

そこまで釣ったところで、

雨足が一気に強くなり、

とても釣り続けることができない状況になったので、

釣果写真は撮らずに急いで分配して、解散としました。

 

 

 

 

というわけで、結局今回の釣行も、

この夏休みを代表するような釣りになってしまい、

初心者2人には申し訳なかったです。

 

しかし2人とも予想以上にずっと飲み込みが早く、

中盤以降はほとんど自力で、

どうやったらハゼが釣れるか考えながら釣っているようでした。

 

楽しい思い出ができたようで良かったです。

 

 

 

 

それでは!