朝まずめ、ヒラメ狙いでまさかの……

 

 

 

こんにちは。

私の住んでるあたりは大きな被害もなく、

知人の間にもけが人などが出ずにすみましたが、

今回の台風や地震で、

それぞれに大変な思いをされたことと思います。

 

私の通う学校も台風で、地震でと

私にとっては初めて、連日の臨時休校に。

 

 

ホームセンターやスーパーなどでは

発電機のわずかな電気、あるいは完全に手動で、

必死に商品を私達の手元に入るようさばいてくれ、

なんともありがたく感じました。

 

 

今回の停電は、

北海道の電力供給の大部分を担っていた

苫東厚真火力発電所が緊急停止し、

消費と供給のバランスが大きく崩れてしまったことが原因。

 

それにより、他の発電所の故障防止のため、

全ての発電所を停止するほかなくなったことで

ブラックアウトと呼ばれる現象が起きてしまったのだそう。

 

北海道の消費電力は関東などに比べはるかに小さいため、

一つの発電所の占める割合が

大きくなってしまっていたのだそうです。

 

今回はまず水力発電所を動かして

火力発電所の復旧に必要な起電力を確保し、

安全の確保できた順に運転を再開するなどして、

なんとか消費のピークの8割ほどが賄えるまでになったそうです。

 

 

小樽では地震から2日目の夜中には多くの場所で電気が復旧したので、

昨日は学校に行かない以外は日常の生活に戻りました。

 

ブラックアウトという

想定外と言える今回のトラブルを、

この時間で解消するために苦労した人たちにも感謝です。

 

 

 

明日からはやっと学校も始まりますが、

今日の午前中はヒラメを狙って

小樽港の北防波堤へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

今日は珍しく寝坊することなく

暗いうちに到着。

 

SDジグヘッド14グラムに

グローのロックマックス4インチをセット。

 

竿を煽ってリフトし、カーブフォールで底を取るアクションで誘います。

 

 

 

暗いうちは音沙汰なし。

 

 

f:id:konosirus:20180909131410j:plain

 

日が登り始めたので、ベイトであろうイワシに合わせて

プロズワン のデスアダーシャッド4インチ

アオキンイワシカラーにチェンジ。

 

すると、早速小さなアタリがあり上げてみると

グーフーさんの綺麗な歯型が1箇所。

 

そのまま、防波堤を根元から順に探っていると、

中間部でゴツゴツとしたアタリ。

 

緊張感が一気に上がり、

重さが乗ったタイミングでスイープにフッキングしますが

空振り。

 

f:id:konosirus:20180909132855j:plain

ワームが変にずれてはいるものの、

新しい歯型は全くなし。

一体なんだったんだろうか。

 

 

ワームをセットし直して続けていると、

20メートルほど先の海底で何かがヒット。

左右に泳ぎながら上ってくるものの

ズシッと重たいだけで全然暴れない…。

 

クエスチョンマークが頭に浮かぶ中、

上がってきたのは………

 

f:id:konosirus:20180909133415j:plain

 

………………な!?

 

f:id:konosirus:20180909133545j:plain

 

ギャーー!!!

 

 

 

 

掛かっていたのはなんと

でっかいガザミ!

 

15センチくらいのが泳いでいるのをみたことがありますが、

こいつはデカい!

 

 

 

f:id:konosirus:20180909133745j:plain

甲羅も20センチ以上あり、

何よりハサミがでかく広げるとゆうに40センチ以上。

 

トリプルフックがハサミの先端にかかっているものだから

外そうとすると反対のハサミが襲ってくる!

 

流石に挟まれるのはゴメンなので

両足でハサミを軽く抑えながら外しました。

 

 

その後、ジグヘッドを根掛かりでロストし

リーダーごと持って行かれてしまったので、

いつものスキップツーにタトゥーラsvtwのベイトタックルに

10号錘でバルト4インチのダウンショットをセット。

 

フルキャストで海底に仕掛けを留め、

小刻みにシェイクしてステイ。

大きくリフトしてもう一度着底させシェイク……

 

 

 

何投かした後、

足元まで来た仕掛けを上げ下げしながら

数歩移動して仕掛けを回収しようとリールに手をかけた時でした。

 

この日の澄んだ海水越しに、

バルトめがけて追いかけてくる魚を視認!

 

仕掛けをリフトさせるとついて来た…

 

……のはなんと、ソゲ!!(笑)

 

明らかに30センチないし!

 

 

食ってこないかと誘ってみましたが、

少しワームを見つめたあと沖へと戻って行きました。

 

 

その後、

ダウンショットのピンポイントの誘いを活かして

じっくり探るもののあたりはなく。

 

防波堤先端の潮に流しているうちに

根がかってロストしてしまったので、

この日は終了としました。

 

 

 

 

今日の海はベイトっ気もあり、

実際にヒラメの姿も見られたので、

釣り方とタイミングが合えば十分可能性はありそうでした。

 

 

 

ここでいるなら、

もう少しヒラメポイントの開拓もしてみたいです。

 

 因みに、

帰りにサビキの方達の様子を見て回りましたが、

10〜20センチの子サバが僅かに釣れているだけで、

やはり不調のようでした。

 

短時間の釣行が多くなりやすい時期ですが、

また出かけたいと思います。

 

 

 

 

それでは!