勝納川 テンカラでヤマメ狙い!

 

 

 

ここ数日風が強く昨日は雨まで降っていましたが、

今日は天気が良くなったので、テンカラ釣りの練習をして来ました。

 

 

 

 

 

 

f:id:konosirus:20180923194233j:plain

 

f:id:konosirus:20180923194330j:plain

 

 

ご覧のように雨の影響か少し濁りが入っています。

 

 

普段はエルクヘアカディスやパラシュートから試すのですが、

この濁りでドライフライを流しても反応が悪そうなので、

自作の逆さ毛鉤で水面下を流してみることに。

 

すると早速ヒット!

f:id:konosirus:20180923204621j:plain

まずは肩慣らしにウグイ。

 

 

5号線の500メートルほど上流から

釣り下がっていくと、

堰堤でできた淵の反転流や流心の脇で

ヤマメが毛鉤の手前まで追ってくるのが見えます。

 

なかなかヒットに持ち込めないので、

魚の動きに注視していると、速く流れる毛鉤に見切ってしまっているよう。

 

 

 

 

というのも、

毛鉤の手前のラインが、毛鉤より早く流され、

毛針が不自然に下流側へ引っ張られてしまっていたのです。

 

確かこのことを「ドラッグがかかる」といったと思います。

 

 

活性が高ければさほど神経質にならなくて良い時もありますが、

この日はかなりシビアに流れる糸を処理しないと

バイトにまで持ち込めず、

しばらくしてなんとかヒット!

 

 

 

f:id:konosirus:20180923210144j:plain

小ぶりですが、

銀色がかった綺麗なヤマメがヒット!

 

その後もチェイスはありますが、

次のヒットはまたしばらくしてから。

 

 

f:id:konosirus:20180923210647j:plain

 

またも小型ですが、

この間の朝里川に比べたら全然大きい。(笑)

 

 

 

 

一度20センチ級のヤマメをランディングしたのですが、

写真を撮る前にネットから逃げてしまいました。

 

残念ながらこの後、

ドライフライやニンフ、ルアーロッドも出して見ましたが、

追加はならず。

 

 

それでもこの日、

大きな淵や、深めの瀬にはサケの姿が見え、

驚いたことに婚姻色に染まったサクラマスの姿も。

 

ルアーには無反応でしたが、

良い相手を見つけて子孫を繋いでくれると良いですねー。

 

 

陽が傾いて来たのでこの日は納竿としました。

 

 

 

 

今日はかなり厳しい日でしたが、

練習にはもってこいのテクニカルな釣りができました。

ドラッグの処理の練習にもなったので、

良い釣りにすることができました。

 

 

 

 

それでは!