カジカにマメイカ 秋の小樽港満喫!

 

 

 

週末は土曜日、

毎週のように用事があるので、普段は日曜日しか釣りに行けません。

 

ところがこの週末は土曜日が祝日!

禁断の2日連続釣行へ行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは土曜日。

日曜日にノリー氏と釣行予定なので

下見を兼ねた釣行になります。

 

この日は午後からの出陣。

向かったのは先週のリベンジとして南防波堤。

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

釣具屋の方に確認して見ると

先週の記事ではまだシーズンが始まっていないと思っていたのですが、

実はシーズンが終わりかけのため魚影が薄かったとのこと!

 

 

では終わる前に行かなくては!

 

 

 

f:id:konosirus:20181104201107j:plain

呼吸を確認するまで「死んでる!?」と思うくらい爆睡してる猫

釣り場入り口にいた

 

 

 

 

到着は確か午後1時ごろ。

根元から順にスピンボムを真似して

自作したスピナーベイトにデスアダーシャッド をセットし打ち込んでいきます。

 

この日は水面が穏やかだったので、

時折、岸壁に張り付くカジカを見つけることができます。

 

そうしたらそこを優先的にネチネチ誘ってやれば、

食い気のあるやつならすぐに!

 

f:id:konosirus:20181104195023j:plain

 

3時ごろにアベレージサイズを確保。

 

 

 

また少しして魚影を発見。

細かく動かしてブレードをチャカチャカ………

f:id:konosirus:20181104195453j:plain

 

この1匹を境にカジカが浮いてこなくなったので、

昼過ぎから気になってたサバにシフト!

 

 

ルアーニストに

ダイワのミニバイブレーション「小鉄」で狙うとすぐヒット。

f:id:konosirus:20181104195926j:plain

f:id:konosirus:20181104195945j:plain

こちらはジグパラセミロング7g

 

私はゲットできませんでしたが、30センチほどと思われる

サバも遠目にヒットしているのが見えました。

しばし入れ食いを楽しんだところで、納竿としました。

 

 

 

 

 

 

 

……………………っと言いたいところですが、

ぐるっと遠回りして第一埠頭へ寄り道。

 

狙うはマメイカ

 

 

f:id:konosirus:20181104200423j:plain

 

だいぶ渋かったですが、

ベーシックのエギを比重の高いスッテ で沈ませるパターンで3杯釣って終了。

 

 

 

 

 

 

 

続いては日曜日。

朝8時過ぎに南防波堤でノリー氏と待ち合わせ、

カジカとシャコの2本立てで挑みます。

 

ところが!

 

 

内海側を狙いたいのに、強烈な向かい風。

 

仕方なしに外海側で竿を出します。

 

 

f:id:konosirus:20181104202041j:plain

 

やけにでかいフグにハリスをやられながらも、

我慢我慢。

 

 

カジカを狙い三脚からわずかに離れたその隙に、

事件は起きました。

 

 

右手から来た船がだんだん近づいて、

猛スピードで20メートル先を通過!

 

「ぁあっ!!!」

 

 

ガシャーン!!

 

 

慌てて手を伸ばすも虚しく、

音を立てて竿と三脚が海へと吹っ飛びます。

 

幸いすぐに糸が切れ竿は別の竿で回収できましたが、

三脚は海の底へと沈んでしまいました。

 

 

 

 

その後も風は強くなるばかりなので移動を決断。

 

帰り際にカジカの魚影が見えたのでスピナベを落とすとヒット!

f:id:konosirus:20181104203520j:plain

ノリー氏にお土産ができてよかった!

 

 

相変わらず風が強いので

追い風になるフェリー埠頭に移動し再開。

 

3時ごろにノリー氏が帰るまで

1匹もヒットのないままになってしまいました。

 

 

 

しかもノリー氏が帰った後、マメイカ が釣れ始め、

私もリーダーの途中にウェイトを巻いてそこを重点的に探り、

日が沈むまでに4杯のマメイカ をゲット。

 

 

 

なんだか、

今日は帰り際でのヒットが多かったなぁ〜。

 

 

 

 

にしてもだよ?

あんなに近いところを船が通ることを、

風に打ちのめされた自分たちが考えているはずもなし。

 

殉職した三脚の代わりは、またゆっくり考えることにして、

ひとまず水没したタックルのメンテを行うことにしましょうか。

 

 

はぁ〜〜〜〜ぁ。

 

 

 

 

それでは。