毎度お馴染みギス祭り それでもニューロッドに入魂!

前回、運良くヤリイカをゲットし、ホッケのフライといっしょに

イカリングとエンペラの刺身を食べることができ、

家族にも好評でした。

 

ホクホクの脂が乗ったホッケと

コリコリのイカ刺しをもう一度!

新しくエギを購入してやる気満々で挑みます。

 

朝4時ごろ高島漁港に到着するも、常夜灯周りで上がっていたのは1杯のみ。

防波堤の上からテーラーのウキ釣りで一晩釣っていた方は4杯。

釣れていないわけではないのですが、小休止状態。

 

竿を出して1時間ほどのあいだ、エギをローテーションし、

まだ暗いから夜光系?もっとフォール遅い方がいい?

手を替え品を替えてイカのあたりを待ちますがあたりはなく、

その後群れを探して港内をランガンしながら話を聞きますが、

何処も単発でヒットした後は続かなかったとのことでした。

 

啖呵を切って出かけたものの見事に玉砕。

これはまた夕方に期待しましょうか。

 

7時ごろに祝津を通過するとき、ちょうど帰り支度をしていた方に

お話を伺ったところ、マリーナ構内でホッケがたくさん釣れたとのこと。

様子を見てみると確かに時折ホッケの姿が見え、コウナゴの姿もチラホラ。

 

「これはもらったな。ホッケのフライ、ゲットだぜ!」

 

………

 

釣れない……。

 

あたりは時折あるのですが、

スレているのかバグアンツ3インチには全く食い込みません。

ジグヘッドにシャッドテールで横に引いても、

ライトテキサスでフワフワとリフトアンドフォールしても

ショートバイトの連続でフッキングせず。

 

バグアンツ2インチまでサイズを落として何度目かのあたりで

ようやくヒット!

f:id:konosirus:20180430095332j:plain

ビーンズシンカーの7グラムのテキサスで、

ワームはバグアンツ2インチパンプキンカラー

30分ほどでやっと1匹。それもリリースサイズ。

 

その後も何度かあたりは出るものの、ヒットはなく

ヨット少年団の方が動き始めたのをきっかけに

8時前にお礼をしてマリーナを後にしました。

 

磯に降りてみると、天気の良い休日だけあってやはり満員状態でした。

以前にも2度ほどお会いした方に話を聞くと、朝からギスばかりで

やっとカレイの食いも立って来たところだそう。

他の方も似たり寄ったりの状況でした。

 

1人が帰ったことで釣り人の間隔が広くなり、風も潮もゆるかったので

両隣に断ってからジギングを始めます。

 

まず掛かったのはギスでしたが、写真もとらずにリリース。

次にかかった魚は海底に向かってよく引きますが

油断していたせいで足元に張り出した根の裏に潜られてしまいました。

タックルのパワーを信じて無理やり引き剥がすとなんとか出てきてくれ、

浮いて来た魚がこちら。

f:id:konosirus:20180430102413j:plain

35センチほどのホッケ。スカリに入れてキープします。

ルアーはサムライジグスロー  

フロントフックが首の付け根に掛かっていたせいで余計に引いたようです。

 

その後はまたギス祭り。

サムライのノーマルにしても、サーフトリップで巻いても、

コルトスナイパースリムで巻いても、ギスばかり。

 

「ちょっといい引き?」と思ったらダブルだったり

「なかなか浮いてこないぞ」と思ったらスレだったり。

 

そんな中で油断していた私はまたやらかしてしまいます。

 

かなりの重量感でゴツゴツとした引きで、普段なら気をつけるところですが、

手前20メートルほどで一気に走り始めるまでのんびりと巻いて来ていました。

 

面食らいながらも浮かせることになんとか成功し、

水面には40センチはゆうにある太ったホッケが現れました。

と同時にファイト時間が長いせいか、

傷の広がったフックポイントが目に入り、気付いた時には手遅れ。

 

首の一振りで海へと帰って行きました。

 

その後ルアーをサムライスローに戻した時にもう1本追加し、

ヤリイカ狙いで高島漁港に戻ろうとするも風が出て来たので、

余った時間をロックフィッシングに使うことに。

 

実は以前、ルアーショー札幌というイベントで

プロズワン の佐藤さんにお会いした時に、

ロックフィッシュロッドを新しく購入していたのですが、

今だに入魂できないままだったんです。

 

それが今回、やっとのヒットでした……が…。

 

 

f:id:konosirus:20180430202736j:plain

15センチほどのなんとも可愛らしいマゾイ君。

14.5グラムのビーンズシンカーのテキサスリグに

バグアンツ2インチ  パンプキンカラー

 

ロッドはロックトランジットの822EXH  Skip Two

感度が良く、ガシッとした作りながら、持ち重りはしません。

アブラコの突進をいなすパワーもありそうに感じます。

 

リールはタトゥーラSV TW 8.1L

べつにスキッピングなどのテクニカルキャストを

バシバシするわけでもありませんが、

「4インチのネコリグからビッグベイトまで」とのことなので

ライトな仕掛けを使うことも想定して購入しました。

 

バックラッシュはほとんどなく、

ロッドのストロークを活かして思いっきりフルキャストもできます。

 

その後は追加もなく、ヤリイカもゲットできず、

なんとかホッケのフライだけは確保。

でもやっぱり苦労した魚は美味しいです!(負け惜しみ)

 

 

そろそろアブラコやクロソイの良型が釣れてもおかしくないので、

また行きたいのですが、ヤリイカもいいしホッケも釣れるし、

カレイもストックがなくなるし、マスも行っておきたい……。

 

この時期は忙しすぎます。^^;

 

今度はどこで何を狙っているやら。

 

それでは。