サクラマス最終盤戦! ソロソロお終い?

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

今回はタイトル通り、

ラインを巻き替えて挑んだ初戦になります。

昨日の朝まずめ

南防波堤にサクラマス狙いで出かけてきました。

 

 

 

釣り場に到着したのは、午前3時半ごろ。

 

 

2週間前にきた時は

この時間かなりの人が場所取りしていたようですが…

 

 

 

 

20人もいない………

 

 

 

 

 

それでも多いんですが、

一番根元から200メートル近くびっしりと人が並んでいた風景からすると、

だいぶん人が減っていました。

 

 

 

風の噂には聞いていましたが、

流石に下火になってきたようです。

 

f:id:konosirus:20190526095038j:plain

 

ローライトな状況ではアピール重視で、

アスリートのピンクパールグローをジャークして誘います。

 

しかし周りも含めて、

サクラからの返事はありません。

 

 

 

 

潮も全く動かず、

波気もなく、

内海と変わらない潮の色。

 

ベイトのチカもかなり減っています。

 

前回までとは正反対の状況です。

 

 

 

 

前までの釣れる雰囲気がサッパリ感じられない海況に、

写真を撮ったりして気をまぎらわせます。(笑)

f:id:konosirus:20190526095530j:plain

釣り百景とかでありそうなショットだなぁ〜…

 

 

なんてね。

 

 

 

ごくごくたまーに、

サクラの魚影も見えましたが、

 

前回までのギラギラの魚体ではなくグリーンがかった体色で、

チカを追う風でもなくゆらゆらと。

 

 

6時少し前に1本上がったので

チラッと様子を伺うと、

 

やはり少しずつ遡上の準備を始めていそうな体色でした。

 

 

 

………………

 

 

こんな話を長々するということは…

 

 

釣れませんでした。(笑)

 

 

 

よりスローに誘うべきかと、

 

ジグミノー のテロテロ巻きや、

スプーンの釣りも試しましたが、

 

アタリ一つなく撃沈となりました。

 

 

 

 

 

 

そこで!

 

ノリー氏とともに勝納川へ。

 

 

マス属の魚に癒してもらおう。

 

 

 

 

ノリー氏は川虫を捕まえてエサ釣り。

 

私はミノーとテンカラ。

たまにエサの竿を借りるということで。(笑)

 

 

 

 

 

エサは流せばアタリが出やすいので、

まずは一発勝負になりやすいミノーから。

 

下流側から釣りあがっていくものの、

ミノーでは反応が皆無。

 

 

 

後から入ったノリー氏。

私も流れる仕掛けを見ていると、

 

なんともいい場所に仕掛けが入る。

 

目印が止まる!

 

 

ビシッとアワセ!

 

流れに乗ってよく引いてるようですが、

歴戦の猛者ノリー氏は、

 

躊躇せずに抜き上げ!!

 

 

足元でポロッとハリから外れましたが

ナイスキャッチで水揚げ成功。

 

f:id:konosirus:20190526102045j:plain

30センチ弱のエゾイワナでした。

 

腹ぼってぼてのナイスフィッシュ!

 

 

 

俺「ちょっと竿貸して」

 

 

竿を強奪し、

ノリー氏が獲ったエサで釣り。(笑)

 

 

 

そして同じところを流してヒット!

 

 

グググーン…ヌヌーン……

 

 

(あぁ、アイツやん)

 

 

f:id:konosirus:20190526102954j:plain

 

サイズ良いし婚姻色綺麗だけど、

 

君じゃないんだ!

 

リリース!

 

 

ミノーの釣りに戻して

イワナヤマメがヒットするのを待ちます。

 

シルバークリークミノー ではアタリがないので、

冬に自作したあのミノーを実戦投入!

 

f:id:konosirus:20190526103604j:plain

 

 

シルバークリークをもとに作ったものですが、

比重が軽いスローシンキングで、逆に深く潜れるように設計。

 

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

期待を込めてキャスト!

 

多少は左右に逸れるとか、

流れに負けちゃうとか心配していましたが………

 

 

 

 

「……!!」

 

 

流速の一定なポイントから試して見ましたが、

ビックリするくらい安定した泳ぎ!

 

ファストでもスローでもしっかり泳ぎ、

トゥイッチでは左右にブレーキのきいたメリハリのあるダート。

 

ダウンクロスキャストでも水面から飛び出さずに泳ぐ……

 

 

 

 

 

完璧…!

 

 

 

比重でレンジに沈めるシルバークリークミノー と違って、

 

リップで潜っていくので、

ボトムコンタクトも控えめながら

深場ではしっかりシルバークリークのレンジを泳ぎます。

 

 

 

できの良さに気分をよくしますが、

どこをどう探ってもアタリが出ない。

 

ノリー氏もウグイを連発しますが本命はなし。

 

 

途中、カゲロウの仲間がハッチしていました。

f:id:konosirus:20190526111434j:plain

若しかしたらとテンカラも出しますが、

見事に反応なし。

 

 

 

上流へどんどん釣りあがり、

そろそろ片付けというところでノリー氏ヒット!

 

f:id:konosirus:20190526105919j:plain

これも同じくらいのサイズ。

 

上顎がっぽしのナイスフッキング。

 

 

 

俺「竿貸して。(笑)」

 

 

しばらく狙って見ましたが、

ウグイが5匹ほど釣れただけで納竿となりました。

 

 

 

 

 

昼頃まで釣っていましたが、

川から上がってアスファルトの上にいると

なんとも暑い!

 

 

遠くからはエゾゼミの鳴き声も聞こえ

すっかり夏の様相ですね。

 

 

 

今回はマス属の魚に見放されてしまいましたが、

そろそろ釣り物をシフトしようかな。

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

フリームスのラインを巻き替えマス。

 

 

 

 

 

 

今回はタイトル通り、

前回までサクラマスとの激闘を共にしてきた

 

フリームスltのメインラインの巻き替えです。

 

 

 

 

確かに前回までの釣りで傷んだラインを切った結果、

10メートルほど短くなったのもあります。

 

しかし、突然巻き変えようと思ったわけは別にあります。

 

 

 

先日ちょっと用事があり

札幌駅から帰るはずだったんですが、

札幌までくることも多くはないので

アメリカ屋釣り具へ。

 

 

久し振りの店内を物色していると…

 

 

 

f:id:konosirus:20190521210007j:plain

 

こちら…

 

ちょっと前にゴロモンさんのブログで見た商品です。

 

golomon.hatenablog.com

 

 

 

特殊加工により真円性を高め、

耐摩耗性、感度、飛距離を格段に高めたPEライン…

 

 

「気になりはするけど、気軽に買える値段じゃないな…」

 

そう思っていたんですが

 

 

 

見てくださいよこの値段!

 

 

 

北海道ではウケが悪かったんでしょうか。

 4本編みのPEラインのような値段で買えてしまうなら、

性能が十分である以上お買い得ですよね。

 

 

写真は150メートル巻きでしたが、

近くにあった200メートル巻きの方も同じくらい安かったので、

そちらを購入。

 

 

 

 

こんなコーナーも。

 

f:id:konosirus:20190521215555j:plain

 

流石に札幌まで足を運べばあるものですねー。

 

STX 45zn

 

 

しかも選び放題の在庫量。

 

 

 

使ってみてからというもの、

かかった魚はバラしてませんからね。

 

いい値段しますが、サクラにもヒラメにも使えるので

こちらも補充。

 

 

 

 

f:id:konosirus:20190521222013j:plain

購入したのは2号の200メートル巻きでマーカー付き。

2号のPEラインで35ポンドは結構強い方だと思います。

 

そして、

もともとフリームスに巻いてあったのは

ダイワの「サムライセンサー」です。

 

 

騙されたと言ったらアレですが、

4本編みだ、という表示がなかったので、

買ってから気づいたんですよね。

 

 

強度的に特に問題もないんでしょうが、

2号で24ポンドは不安ですよね。

 

釣行1回ごとにリーダー結束部分がボソボソになったり、

ルアー操作のたびに糸鳴りがするのはなんとなく不快。

 

飛距離も、

特にジグを投げるといまひとつとも感じていました。

 

 

 

 

すでに釣行回数も減っているので、

少ないチャンスを不快感やトラブルで逃すのはもったいない。

 

安いんだったらいっそ変えてしまおうと。

 

 

 

f:id:konosirus:20190521221939j:plain

 

ラインシステムは、

サクラ狙いとしてはかなり強め。

 

バッキングラインを巻いた上にメインラインのPE2号。

リーダには耐摩耗ショックリーダーの25ポンドをFGノットで結束。

 

小型のボールベアリングスイベルをイモムシノットで。

 

 

 

そんな記事を書こうと思っていたら思い出しましたよ。

 

札幌フィッシングショーで結束強度を保証された

このイモムシノット。

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

 

voxyさんから紹介してくれとコメント頂いたのは1年前だったか…

 

今年の記事を書いたときにも言われていたのに

また忘れていた。

 

阿呆ですね私も。(笑)

 

 

 

 

ということで紹介します。

 

 

 

「イモムシノット」

 

f:id:konosirus:20190521223726j:plain

 

見やすいように色付きのナイロンで。

 

実際リーダーを使うの勿体無いし。(笑)

 

 

 

f:id:konosirus:20190521223741j:plain

まずはこんな風にラインを通します。

 

 

リーダーの先端を折り返して輪を作り、

 

ストラップをつけるのと同じようにスイベルに通した後、

その輪にスイベルをくぐらせれば簡単です。

 

 

 

f:id:konosirus:20190521224356j:plain

続いては本線の周りを支線でぐるっと一周して、

できた穴に通して、

 

f:id:konosirus:20190521224420j:plain

本線がよれたりしないよう支線をゆっくりと締め込む。

 

一言で言えば、ハーフヒッチです。

 

 

 

これを、

右回りで一回、左回りで一回のひとセットで繰り返していきます。

 

f:id:konosirus:20190521225737j:plain

これは5セットほど繰り返しました。

 

そして最後に。

f:id:konosirus:20190521231036j:plain

二回巻き込んでから締め込み、結び目が緩まないようにします。

 

f:id:konosirus:20190521231050j:plain

こうすることで、切り口が下を向き、

結び目が他の糸やゴミを引っ掛けにくくなるという側面も。

 

 

 

 

何度も結んできて得たコツ。

 

 

 

8割がた結び目を締め込んでから、

 

手でスイベルと本線を、

支線の端を歯で噛んでゆっくりと締めこむこと。

 

特に本線にかかる力が支線にかかる力より強くなるようにすること。

 

理由としては

本線が潰れてしまうと強度が落ちるから。

 

 

また、締め込むときにはライン同士が密着し、

円形の断面がやや変形する程度に締め込むと、

摩擦が強くなり結び目が動かなくなる。

 

 

 

大抵の場合、

結び目で切れる原因はかんたん。

 

結び目がずれて、

金属で擦れた部分のラインが切れるか、

 

1箇所に負荷が集中して切れるかの二つ。

 

 

イモムシノットや

トリプルニットノット(最初だけちょっと違う)が強いのは、

結び目のラインが2本、3本と負荷を分散させるから。

 

また、本線を巻き込んだ結び目との間に強い摩擦が働き、

スイベルに接するラインが全くずれないから。

 

 

ラインが傷付かなければ、

直線強度と同じ強さの結びが実現できるんです。

 

 

 

 

 

 

 

今回巻き替えたリーダーも

このノットで結び、

 

今度こそ3キロアップor 60アップをゲットしたいところです!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

南防波堤 今度もサクラマス狙い!

 

 

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

 

多方面からお祝いの言葉をかけていただいた通り、

サクラマスはもう大変好調に釣れております。

 

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

ウハウハ状態といってもいいかもしれません。

なんせ小樽でしか釣りしてませんから。

 

 

 

f:id:konosirus:20190512191831j:plain



ホラ、(私の幻覚でなければ)

フックサークルとは明らかに違うスジが見えますよね?

 

………よね?

 


フック交換しながら、

マスの歯型(と思われるキズ)に見とれておりました。(笑)

 

そういうわけで

前回までと同じように、

 

 

 

 

今度も、

 

またまた、

 

もういっちょ、

 

 

なんとでも表現できますが、行ってきました。(笑)

 

 

そう

サクラマス狙い」です。

 

 

 

 

 

土曜日は朝2時半。

 

ノソノソと起き出して準備をし、

釣り場へは思ったより遅れて4時少し前に到着。

 

f:id:konosirus:20190512190027j:plain

 

この時点では、

釣り場はすでに9割5分埋まっていました。

 

そして後1人か2人、なんとか入れそうな場所が

胸壁の一番先端寄りと、根元寄りの2箇所。

 

 

前回釣れたのは後者。

 

前々回釣れたのは前者。

 

 

どっちでもよかったのですが、

足場がいいのは後者だったので、

そちらを選択。

 

程なくして前者の方も人で埋まりました。(ギリギリセーフ!)

 

 

 

上の画像からもわかると思いますが、

足元は根が張り出しており、

 

またこの日は波が高く足元はたまにサラシ状態。

 

取り込みには気を使います。

 

 

 

 

もう信頼感が半端では無い

バーティスくんからキャスト!

 

傷を負った体(?)に鞭打って頑張ってもらいます。

 

 

 

数投した後、

スローピッチのジャークで巻いてくると、

 

少し手前寄りで重量感のあるアタリ!

 

 

 

フッキングも無事決まって

ザワッと緊張感が走りましたが、

 

ラインの先からは「ギュルルルル……!」

とどこかで味わったことのあるヒキが。

 

このローリングのしかたはアイツか…

 

 

 

ランディングネットがポール部分のパーツに絡まり

開かないトラブルがあったものの、

 

隣の方がネットを入れてくれました。

f:id:konosirus:20190512193632j:plain

 

予想どうりアメマスでしたが、

軽く50センチはあるので、いい引きしてくれました!

 

しかしネットイン後もローリングしまくった結果、

エラまでラインが巻きついてしまい大出血。

 

写真は軽く洗った後ですが、

リリースしても助からないのでキープすることに。

 

 

 

 

傷んだリーダーを交換し、

キャストを再開すると数組左でサクラのヒット!

 

50センチちょうどくらい。

 

今度はそのさらに左でも同じくらいのがヒット!

 

 

さらに胸壁が切れた先でもヒット!!

マヅメの時合いがきたようです。

 

 

 

しかし私の近くではなかなか反応が出ません。

 

 

 

 

すっかり明るくなった後、

 

後ろから「コノシロさんですか?」

と声をかけられ、

 

驚いて振り返ると、人当たりの良さそうな男性が…

 

 

 

「ハイ、そうですが……?」

 

「あぁやっぱり!『まっつん』です!」

 

「!?」

 

「美国の帰りで寄って見たら、もしかしたらと思って。」

 

とのこと。

 

 

 

 

朝から何本か上がっていたことをお話しすると、

「よし、やるか!」と

本当にラスト2人分の隙間で一緒にロッドを振りました。

 

 

この日の朝、

voxyさん、弟①さんと釣り場で会った話など、

楽しそうにお話しされていました。

 

「私はアメマスが釣れましたよ!」

とこちらもつられて話が盛り上がる!(笑)

 

 

 

 

しかし、

6時台は全体でもほとんど上がらず。

(小型やアメマスのヒットはあったようです。)

 

 

7時ごろに、

どちらに入ろうか迷っていたもう一方では

ヒットが連発!

 

「なんでそっちだけ!?」

 

 

 

しばらく様子を見ていると、

どうやらベイトのチカの群れが波を嫌ってか

そのあたりに溜まっていたよう。

 

こちら側はサラシのようになっており、海藻が浮いていて、

マスも近づきたがらなかったようです。

 

 

 

完全に場所選びを間違えましたね。

 

 

 

 

そんな頃、

まっつんさんが新しく入ってきた誰かと話している…

 

 

 

「コノシロさん!こちらvoxyさん!」

 

!!

 

なんと!

 

 

どうやらまっつんさんからの連絡が入っていたようで、

初めましてのご挨拶。

 

voxyさんはこれから朝里河口へ行くと言って

いったん別れました。

 

 

それからも釣れているのは1箇所だけなので、

まっつんさんも河口へ移動することに。

 

「よかったら一緒にどうですか?」

と声をかけていただいたので、

お言葉に甘えてせっかくだからとご一緒しました。

 

 

 

f:id:konosirus:20190512203701j:plain

 

波気はいい感じですが、

ちょっと濁り気味。

 

波で岸辺が洗われて、ちぎれた海藻が漂っていました。

 

 

f:id:konosirus:20190512203959j:plain

投じるルアーは「アイヴ セミロング」30グラム

 

voxyさんから、

「絶対ミノーは投げたらダメですよ。引っかかります。」

と教えていただいたので、

 

海藻にかかりにくいよう、

抱き合わせにしたダブルフック仕様。

 

ストップアンドゴーやリフトアンドフォールで反応を探ります。

 

 

沈みが早い気がしたのでルアーチェンジ。

 

 

f:id:konosirus:20190512204543j:plain

スプーンの「ギーガ」33グラム。

 

別のカラーですが、

人生初サクラを連れてきてくれた思い入れのあるスプーンです。

 

日も高く濁りがあったので、

シルエットが映えるようにオールブラックカラー。

 

 

こちらもアタリなし。

 

潮と川の流れ込みを見ながら、

魚のつきそうな場所に色々とアプローチしたものの、

 

無反応。

 

 

 

 

 

voxyさんは一足先に上がりましたが、

まっつんさんも含め周りにヒットの様子はなし。

 

3人ともアタリもなく終了となりました。

 

 

 

 

この日はなんとかアメマスがヒットしてくれましたが、

サクラのゲットとはいきませんでした。

 

それでもまっつんさんとvoxyさんに会えたのは

予想外ながらも嬉しかったですね。

 

目の前で釣りあげられれば、もっと嬉しかったですが。(笑)

 

 

 

来週は用事があり、

大潮で天気も良さげですが行けませんし、

 

今日は朝マズ目にでかけるつもりが

寝坊して結局釣りすら行かず。

 

 

もうサクラシーズンも終わってしまいますね。

 

 

 

 

 

〜オマケ〜

 

 

アメマスを釣って少しした頃、

 

 

ネコが近くに現れたんですが、

 

嗅覚が素晴らしい!

 

袋に入れてあったマスめがけて歩いてきました。

f:id:konosirus:20190512210650j:plain

 

よく見たら、

去年の秋に駐車場上の草の上で爆睡していたネコに似ています。

 

konosirus.hatenablog.com

 

この辺りに住んでいるようで、

釣り人から魚をもらう技をわきまえている。(笑)

 

 

ジッ…と袋と私を交互に見つめながら、

無言の圧力を加えてきます。(笑)

 

 

 

周りの釣り人たちも

その様子に気づいていたので、

 

こっちが恥ずかしくなってしまい

ネコの作戦に負けを認めて、

 

アメマスの頭とカマをあげました。

 

なんとも嬉しそうな足取りで帰って行きましたよ。(笑)

 

 

 

今度釣りに行くときも

サクラが狙えそうならやってみようかな!

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

南防波堤 サクラマス狙い! 二兎を追うものはこうなる……

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

私の悪い癖が出ましたね。

 

前に釣れたことを「もう一回、もう一回」と欲張り、

成長することなく狙ってしまうんですよね。

 

 

 

今回も南防波堤へサクラマス狙いで出かけてきました。

 

しかも今回はルアーニストも持っていき

暗いうちはエギングでヤリイカを狙いました。

 

 

つまり、

 

 

柳の下のドジョウ&二兎を追う作戦

 

という訳ですね。

 

 

 

……ムッチャ失敗しそうな作戦名。(笑)

 

 

 

 

 

 

現地到着は午前2時。

 

すでにエギングやテーラーの方が釣り場を占めていました。

 

 

最初は一番基部から内海側へキャストしていきましたが

無反応。

 

 

 

しばらくすると

少しだけ先端側の外海側でヤリイカが上がりました。

 

その方の隣はかなり余裕があったので、

15メートルほど離れた隣で、

 

シャロータイプ、グローカラーの

ナオリー2.2号を中層に漂わせるとヒット!

 

 

訳あって(忘れただけ)写真はなし。

 

 

 

また少しして、

今度は表層の連続トゥイッチからのフォールでヒット!

 

(またしても撮り忘れ)

 

 

暗いうちは2杯のヤリイカを首尾よくゲット!

 

 

f:id:konosirus:20190502135125j:plain

 

明るくなって撮影。

 

………………勘の良い方は気づくかも……

 

 

 

 

 

 

 

空が白み始め、

 

「そろそろサクラにシフトかな。」

 

と思った時には、

いつのまにか基部の胸壁上には8割がた釣り人が!!

 

 

 

急いで準備しましたが、

なんとか入れたのは駐車場の目の前で、

 

足元の海は激浅の昆布まみれの根。

 

 

f:id:konosirus:20190502125013j:plain

 

5時をすぎた頃だったでしょうか。

 

チカの群れが目視できるほど明るくなると

やはりこの日もサクラがいました。

 

 

何度か手前でベイトを追う姿が見えた後、

右隣の方に水面近くでヒット!

 

身をよじりながら抵抗するサクラの姿が見え、

そこから一気に走り出しましたが、

 

残念ながらフックオフ。

 

 

 

 

さらにしばらくすると、

右の二つ隣(足元の海は完全に消波ブロック!)でヒット!

 

なんとか根を交わせるところまで移動し、

タモは車の中だそうで、私のタモでランディング!

 

サイズは45センチ少し。

 

 

 

 

今度は5組ほど左で大型のヒット!

 

 

 

その頃には、

 

互いに数メートルしか離れられないほど

胸壁の上は混雑し、

 

強風も相まってたまにオマツリも発生。

 

 

 

f:id:konosirus:20190502133348j:plain

ふと後ろを振り返ると、

雨に日光があたり綺麗に虹が!

 

 

 

 

今度はまたまた右隣の方にヒット!

 

とんでもないトルクが、

見ているだけでも伝わる壮絶なファイト!

 

5分ほどかけて寄せた魚を、

今度も私がランディングして陸に上げてみてびっくり。

 

 

 

60センチは余裕であるだろう

ゴリゴリにマッチョなサクラマス

 

お写真は撮りませんでしたが

体高の立派な板マスのようなマスでした。

 

 

そしてこの日もほとんどのヒットが

ミノーやジグミノーの「ジャーキング」。

 

 

 

 

オマケに

ヒットしたサクラの口からはチカの姿が……

 

 

それまで投げていたセットアッパーを、

バーティスにチェンジ。

 

 

 

 

 

緩めのジャーキングで、

表層を早いテンポで巻いてきた7時20分。

 

 

 

 

 

ジャーク、ジャーク、ジャーク

 

ジャーク、ジャーク……………ドンッ!!!

 

 

 

 

来た!!

 

 

 

 

 

 

これも20メートルほどと近い距離でのヒット!

 

 

外海方向への強風が吹いていたので、

水面は鏡のよう。

 

 

体をよじる銀鱗が見え、

幸運なことにその最中、フックが複数かかった感触が!

 

 

 

 

それと同時に、

突進もローリングも控えめになり、

 

すんなり足元まで寄ってきました。

 

 

 

少しでも根をかわせる角度から

マスを寄せます。

 

流石に3度目なので

落ち着いて足元での反転をいなす(ことができたつもり)。

 

 

隣の方にランディングをお願いし、

1発で成功!

 

 

 

 

 

 

……………

 

 

 

「…アレ?………デカイんじゃね?」

 

 

 

 

f:id:konosirus:20190502131759j:plain

 

 

 

 

f:id:konosirus:20190502134509j:plain

 

イカツイ野性味溢れる顔ですね!

 

 

 

f:id:konosirus:20190502145632j:plain

ゴロモンさんもイチオシのstxが曲げられている!


 このサクラのファイトは、

長くはなかったものの激しいものだったんですね。

 

曲げられながらも魚をホールドしてくれた

stxの力に感謝ですね! 

 

 

 

前回はヒット直後からガクブルでしたが、

 

 

こいつはすんなり寄ったこともあって

じわじわと興奮が湧き上がってきました……

 

 

 

震える手を抑えながら、

エラにナイフを入れます。

 

 

 

 

 

そして、

それを見た近くのおっちゃんが、

「写真撮ってやるか?」と言ってくれたので、

 

お言葉に甘えて撮って頂きました。

 

f:id:konosirus:20190502134051p:plain

 

だいぶ前に突き出して撮ってます。

 

こうしてみると、やっぱデカく見える…。(笑)

 

 

 

 

 

イヤイヤ、

 

そんなことしなくても十分デカイ!

 

 

 

 

そして今日の釣果がこちら。

f:id:konosirus:20190502140633j:plain

 

なぜ途中で「勘の良い人は気づく」と言ったかというと、

 

ヤリイカの足の周りにマスのウロコが(笑)

 

 

 

後からまとめて撮ったからですね。

 

 

 

 

この後は、

さらに釣り場が混雑してきたので、

 

すでに釣果を出した私は納竿することにしました。

 

 

 

ちなみに私が釣った直後にも1本上がり、

帰るまでに全体では6本上がっていたと思います。

 

バラシを含めれば10ヒットくらいはあったと思います。

 

 

 

帰りにフィッシングパパへ寄って、

目方と体長を測定。

 

f:id:konosirus:20190502142334j:plain

重さは2.6キログラムで、前回より300グラムアップ!

 

 

そして全長は……?

 

f:id:konosirus:20190502142104j:plain

f:id:konosirus:20190502142113j:plain

 

 

59.5センチ!

 

 

 

想像していたよりデカイ!

 

 

 

 

 

 

…………てかあと5ミリ!?

 

 

 

 

夢の大台、60センチまであと5ミリ!

 

惜しすぎる!

 

 

アレかな…

 

誰も見てないうちに、

硬直した魚体を伸ばしとくべきだったかな。(笑)

 

 

 

それでもシーズン2本目!!

人生3本目!

 

 

 

 

狙い通り、

ヤリイカもゲット。

 

サクラもゲット。

 

 

 

 

 

二兎を追う作戦、大成功でしたね!

 

ことわざに反して二兎とも得ました。

二匹目のドジョウもいました。

 

 

 

タイトルからは「どっちもボウズ」的に聞こえたでしょう。

 

 

 

ハイ。

 

タイトル詐欺ですね。(笑)

 

 

 

 

 

 

まさか二回連続でサクラをゲットできるとは思っていませんでした。

 

 

たらふくムニエルとフライを食って、

私も板マス体型になってやりましょう!(笑)

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年ぶりにカレイの船釣り!大漁!!

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

先日、

 

やっとの事でシーズン1本目のサクラをゲットするに至ったわけですが、

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

 

 

その翌日はノリー氏と

2年ぶりとなるカレイの船釣りへ行って参りました。

 

 

一度ヒラメで乗ったこともあり、

予定が合わせられた遊漁船シェイクにお邪魔しました。

 

 

 

 

部屋の奥に置きっ放しだったカレイロッドを引っ張り出し、

乗船時間の5時に北運河でノリー氏とも待ち合わせ。

 

高島沖へと出港しました。

 

f:id:konosirus:20190430120100j:plain

 

 

 

実長開始は5時半過ぎ。

今までにも5回ほどカレイ船にのりましたが、 

全てシーアンカーを打って流す釣りでした。

 

この日は潮と風を見てか、アンカーを下ろしての釣り。

 

 

安い7:3調子のカレイ竿に

タトゥーラ sv tw のラインをPE1.5号に巻き替えたものをセットし、

仕掛けはスタンダードな自作の片天秤3本鈎仕掛け。

 

エサには活きたアオイソメ。

 

 

 

海底について10数秒。

 

海底を小突く竿先に

 

「ココンッ!…コツ!」

 

とアタリ!

 

 

 

アタリを聞くと乗った!

 

f:id:konosirus:20190430120831j:plain

 

ビッグスナとチビマガレイのダブル(笑)

 

 

 

イマイチの取り合わせですが、

活性は悪くないようですね!

 

 

2投目以降も

朝の活性の高い時間は入れ食いに!

 

 

 

 

 

ここで数を稼ぐために一計を。

 

 

 

 

 

周りを見てもギスがほとんどいなかったことと、

大型のカレイがまとまって釣れる様子もなかったので、

派手な誘いで数釣りできるはず!

 

 

大きく断続的に誘って、

1本目には食わせずに、2、3本目のハリにまずは乗せます。

 

理由としては、

オモリに近い方から魚がかかってしまうと、

それより後ろ(2、3本目)のハリには、かかりにくくなるから。

 

多分かかった魚が泳ぎ回ることで、

仕掛けが絡んだり、

他のカレイが餌を食べる邪魔になるからかもしれません。

 

 

 

後ろのハリにかかれば、

むしろ仕掛けは真っ直ぐになり、

オモリ側に食い易く、またアタリも取れるようになります。

 

 

 

 

 

しかし、

 

これだけだと居食いしたサカナのアタリは分からなくなるので、

海底から仕掛けを持ち上げ、重さの違いでアタリを取ります。

 

 

この時、

オモリを海底からゆっくり上げることで、

 

持ち上げた高さの分からどのハリに魚がついたかを推測できます。

 

 

 

オモリを上げてすぐ重さが乗るなら1本目のハリ。

 

20〜30センチ持ち上げてからなら2本目のハリ。

 

それ以上なら3本目……

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

そして後ろのハリにかかったことを確認したら、

小突きを小さくして1本目のハリに食わせ

ダブル、トリプルを狙って行きます。

 

 

 

そしてその作戦で!

 

 

f:id:konosirus:20190430123639j:plain

f:id:konosirus:20190430123651j:plain

f:id:konosirus:20190430123707j:plain

 

 

スナ、ソウハチ混じりでトリプル連発!

 

 

ノリー氏にも!

 

f:id:konosirus:20190430132746j:plain

良型がダブルで連発!(モザイクは私の家族に不評だったので変えました。)

写真からわかる通り

ウェアが膨れるほど強い風が吹いていました。

 

 

 

 

朝の高活性時にはこんな感じでなんの苦もなく釣れましたが、

 

それが終わるとややまったりモードに。

 

 

 

なんとかワンキャストワンヒット取れるまで粘りますが、

着底からアタリが出るまでが長い…

 

そんなかで釣れたのがこちら。

f:id:konosirus:20190430133520j:plain

1番後ろのハリに30センチほどのクロガシラ  !

 

マガレイの食いが落ちたおかげか、いいのが釣れました。(笑)

 

その後にも、

f:id:konosirus:20190430133826j:plain

計2枚のクロガシラをゲット!

 

それと時間を同じくしてノリー氏には、

激しく竿を叩くアタリが!

 

f:id:konosirus:20190430134621j:plain

 

40アップのアブラコ !

 

 

海底を小突くときにも感じていましたが、

釣れた魚種を見ると少し砂利混じりの海底なのかもしれません。

 

 

マガレイのアタリが減ったので、

 

天秤の上にもハリを一つ追加して

遠くの魚にもアピールできるようにしました。

 

それが効いたのか、

アタリは途絶えることなく続きます。

 

 

 

途中ノリー氏は船酔いで何度かダウンするも、

気合で竿を振り続けました。

 

 

 

そして10時を回る頃に

アタリが復活!

 

朝に釣れたパターンを使うとまたも入れ食いに!

 

f:id:konosirus:20190430140650j:plain

上バリも含めてなんと4点がけ!!

しかも、そのうち2枚はまぁまぁなサイズ!

 

 

風向きが朝とは大きく変わり、

2枚潮のような状態になってしまい

 

とにかくアタリがとりにくい!

f:id:konosirus:20190430141506j:plain

 

 

それでもラスト1時間なので

ガマンしながら釣り続け、

 

エサ切れと同時に帰港となりタイムアップ!

 

 

 

 

仕舞いながら数えてみると、マガレイが70匹程。

 

更にスナやソウハチ、2枚のクロガシラを合わせると、

キープだけで80枚程。

 

 

さらに、ハリを飲んでいない限り

小型をリリースしていたので、

 

全部で20枚ぐらいはリリースしていたはず。

 

 

 

しっかり数えていなかったのが悔やまれますが、

推定100枚の大漁!!

 

油断して小さいクーラーを持ってきていたので、

フタが閉まらないというトラブルも。(笑)

 

f:id:konosirus:20190430150535j:plain

 

ノリー氏も、リリース含めて50枚以上と、

この日の状況と、ダウンしていたことを考えれば

かなりの数!

 

 

心配していたギスがほとんどかからなかったのが、

この好漁を助けたものと思われますが、

 

その一方で、30センチを超えるマガレイが

あまり釣れず、最大で35センチほど。

 

 

一番釣れたのは20〜25センチ前後でした。

 

 

 

 

帰りにはフィッシングパパによって、

釣果報告とおすそ分け。

 

親戚にも配ってなんとか30枚ほどにまで減らしましたが、

それでも多すぎ。(笑)

 

 

 

なんか港内ではヤリイカ好調だし、

ホッケも釣れてるしサクラだってまだまだいるはず!

 

勉強の合間を見てこの好機を逃さないようにしたいですね!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

南防波堤で ついにサクラ開花!!

 

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

 

もう何度目でしょうかね。

 

 

数える気も起きませんが、

この週末、2日連続で南防波堤へと出陣してまいりました。

 

 

形としては先週末のリベンジということになります。

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

2700字以上とかなりの長文となっております。

 

お時間のあるときにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

まずは土曜日。

到着したのは午前6時ごろと少し寝坊気味。(笑)

 

先週の経験と多方面からの助言で、

レンジを引き分けられる数種類のミノーと、

ドラグゆるゆる作戦を持ち込んでリベンジ!!

 

 

 

 

f:id:konosirus:20190428114518j:plain

天気も悪いので釣り人は少数。

 

 

 

小雨の降る中釣りを開始しましたが、

ベイトのチカとともに海中にあったのは大量の海藻!

f:id:konosirus:20190428115311j:plain

昨日の時化で近くの磯から

千切れた海藻が漂ってきている様子。

f:id:konosirus:20190428120357j:plain

 

この画像の上の方にはチカ。

手前は海藻だらけ。

 

 

 

状況は決して良くはありませんが

この日もサクラマスの魚影は健在。

 

10分から30分おきに足元のチカめがけて

突進してくる姿が見えました。

 

 

ルアーをそのマスたちにアピールしたいのですが、

海藻が邪魔をして手前20メートルほどがデスゾーンに。

 

暫くそれより沖を狙っていましたが、

 

残念ながらバイトを引き出せずこの日は終了しました。

 



 

 

 

 

 

そして今日。

 

南防波堤へ到着したのは午前3時。

 

というのも、

天気の良い週末の混雑を見越したこともありますが、

 

前日に胴長30センチ以上のヤリイカ

スカリいっぱいにあげている方にあったので、

 

テーラーのウキ釣りを久しぶりにやって見たくなったのです。

 

 

 

 

まぁ結果そちらの方はうんともすんとも言いませんでした。

 

 

 

 

 

ヤリイカのあたりを待ちながら

ラテオにフリームスをセットして待機。

 

 

空が白み始めた頃に周りも含めて一斉にルアーを投げ始めました。

 

 

 

 

 

私はやや先端よりの胸壁上からキャスト。

 

すると開始直後に足元まできてピックアップ直前の

アスリートにマスが反応!

 

 

 

ルアーはすぐに見切りましたが、

 

チカの群れのど真ん中だったので

そのままチカを追い回していました。

 

 

f:id:konosirus:20190428121838j:plain

キャストする音と波の音。

肌寒さの中に日が差し込み始める……

 

いい夜明けですね。

 

 

この日のチカはそれまでと違い

散漫とした動きの中に群れ全体としての緊張感がありました。

 

明らかにマスからの攻撃を普段以上に警戒している様子。

f:id:konosirus:20190428121753j:plain

みんな同じ方向を向いて左右へ泳ぎ回っています。

 

 

 

ローライトな状況で投げていたアスリートを、

日が出てからはより深いレンジを泳ぐセットアッパーにチェンジ。

 

 

 

沈黙を破ったのは、

ハシゴを超えて10メートル先に入っていた方。

 

ミノーのジャーキングでのヒットのようでした。

 

暫くファイトして、

あと数メートルというところで惜しくもフックオフ!

 

 

 

 

周りも「いるぞいるぞ!」と力が入ります。

 

 

わたしにはセットアッパーを追うサクラが2度見えましたが、

バイトに持ち込めない…

 

 

 

「釣れるなら今日かもしれないぞ!」

そう思うほど今日は雰囲気が良好。

 

ここでセットアッパーにこだわらず、

よりリアルに泳ぐ、バーティスにチェンジしました。

 

f:id:konosirus:20190428154820j:plain

 

このあいだヒットしたのと同じ強めのジャークと、

逆にゆったりとしたリーリングの、

 

コンビネーションで表層を巻いてくると

 

 

20メートルほど沖だったでしょうか

 

 

 

 

 

 

ジャーク

……

 

ジャーク

……

 

 

ガガッ…

 

 

 

(ん?チカでもあたったかな?)

 

ジャーク

 

 

 

 

 

………ドゴッ!

 

 

 

 

 

!!?

 

 

 

 

前回と同じパニックに襲われそうになりながら

ロッドを寝かせながらスイープフッキング!!

 

 

乗った!

 

前回より少し大きそう!

 

 

 

ドラグはあらかじめゆるゆる状態。

 

 

テンションだけは絶対に緩めないように

注意しながら、

 

ジャンプを想定しティップを下げながら

最初の突進に耐えます。

 

 

先週聞いた話の通り、

しばらく走らせながら、残りの鈎がかかるのを待っていると

 

 

 

 

ゴゴン…ガッ…

 

ジジ〜〜〜〜!

 

 

(まだまだ)

 

 

 

ゴンゴン!……ドフッ…………

 

(ん?これかな?)

 

 

 

首を振っているような感触が無くなりました。

 

重量感は増したので、

恐らくフロントのフックがボディにかかってくれたはず!

 

 

 

ゆっくりゆっくり…

 

2度目のヒットだからなのか、

自分でも驚くほど落ち着いてファイトできていたと思います。

 

 

隣の方が「タモ入れしましょうか?」

と声をかけてくれたので

 

「お願いします!」

とわたしのタモをあずけ、隣で待機してもらいました。

 

 

 

 

 

最初にかなり走られたので、

綱引きしないように3分ほどかけて手前まで寄せ、

 

いよいよランディング!

 

 

 

しかし最後まで相手も諦めず、沖へ反転を試みます。

 

 

 

 

リアフックが口に、

フロントフックがエラの少し後ろに、

 

それぞれしっかりフッキングしているのを確認したので、

焦らずサカナの呼吸に合わせます。

 

 

 

 

 

そして、5回以上浮いては潜り、

浮いては潜りを繰り返して、

 

最後は水面で首を振った勢いのままネットイン!!

 

f:id:konosirus:20190428153729j:plain

 

 

ヤバイヤバイ

 

 

足が震える

 

手が震える

 

 

 

 

f:id:konosirus:20190428154034p:plain

 

一応一緒に記念撮影。

(持ち方がビミョー)

 

 

あぁ………

 

膝がガタガタ言いよる…

 

フックもろくに外せず、

ネットインしてくれた方に手伝っていただく始末。(笑)

 

 

 

この状態で釣り続けたら、

海に落ちそうだったので、納竿としました。(笑)

 

 

ヒットルアーはショアラインシャイナーz バーティス。

ベイトと思われるチカに合わせてのカラー。

 

 

 

強めのショートジャークと、

間に入れたロングステイで食ってきました。

 

一度ミスバイトしたようですが、

ジャークを入れ直すと食い直してきてのヒット。

 

 

怖いくらいに、自分が思い描いていた形でのキャッチ。

 

 

 

 

新しく購入したルアーではありませんでしたが、

そのルアー達がいなければ、

 

バーティスこそ適したルアーだ、とは気づけなかったでしょう。

 

 

 

 

おまけにこのマスは

2年ぶりの人生2匹目。

 

嬉しくないはずはありません。

 

 

この後フィッシングパパに釣果報告に行ってきました。

f:id:konosirus:20190428160504j:plain

f:id:konosirus:20190428160513j:plain

 

感動のせいか大きく見えましたが、

サイズは54センチとまずまず。

 

重さは血抜き後で2.3キロ。

 

 

2年前のやつは52センチで

2キロギリなかったので、それよりはだいぶメタボ体型。(笑)

 

 

 

実は先日、まっつんさんがサクラマスを釣られて

ちょっぴりプレッシャーだったんですよね。(笑)

 

 

続けてよかった!

 

 

 

 

 

 

これだけでも

非常に満足ですが、

明日はノリー氏とカレイ釣りの予定が。

 

 

明日は明日で、きっといい釣りになりますね。

 

 

 

 

そう言えばパンパンの腹に入っていたベイトは

なんとチカではなく18匹ものオオナゴ!

 

チカを食いにきてたハズなのに……

ルアー選択の根拠がちょっと崩れた。(笑)

 

 

 

とは言え、

これで先週末のリベンジ成功!!

 

やっぱり狙い続けた方が、今年はいいみたいです。

 

 

あわよくば、シーズン2本目を目指して、

もう少し狙ってみようと思います。

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

小樽港 南防波堤サクラマス狙い!! 逃したサカナは……(以下略)

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは…………

 

 

 

 

 

 

 

結果だけ先に言えば、

 

わたくしは今、

 

 

 

たいへんグッタリとしたような、

またざわざわとした緊張をはらんだような、

 

 

 

とてつもない後悔に打ちのめされております…!

 

 

 

 

 

長くなりますが

取り敢えず記録しておきます。

 

時間のあるときに見ていただければ。

 

 

 

 

 

この日は私にしては珍しく、

朝3時前に起床。

 

余裕を持って日の出前に南防波堤基部へ到着しました。

 

 

 

f:id:konosirus:20190421205446j:plain

 

 

 

この時間でもすでにほぼ満員状態。

 

幸い、サクラの一等地である基部の胸壁上には

いくらか余裕があったので、となりに断って入釣。

 

 

f:id:konosirus:20190421210429j:plain

 

 

まずは活性の高いマスの回遊を想定して、

ショアラインシャイナーzバーティスで表層を攻めました。

 

 

 

ベイトのチカがうじゃうじゃいて、

潮もゆったりとして流れており、程よい波気と無風。

 

いかにもサクラがヒットしそうな朝マズ目でした。

 

 

 

 

そして私が釣りを始めてわずか数分後、

隣の方の投げたラインの先で水面がモワッと動きました。

 

 

「おしっ!  キタよ!来ちゃったね〜!」

 

 

 

ドラグを生かして左右に走る魚をいなし、

繰り出されるジャンプにも見事な手さばきで対応!

 

f:id:konosirus:20190421211059j:plain

 

もうちょい、もうちょい。

 

 

 

f:id:konosirus:20190421211125j:plain

 

    お〜〜〜!

 

(許可を得て撮影)

 

 

 

これを見た周囲の人たちも、一気に盛り上がりましたね。

 

 

 

f:id:konosirus:20190421211622j:plain

 

 

少し伝わりずらいですが、

サイズは50センチ台後半。体高もありよく太っていました。

 

 

 

ヒットルアーを教えていただくと、

もはや伝統の「アスリート」。

 

 

ヒットした時の様子を見ていたところ

ミノーを表層でジャークしてくる釣り方でした。

 

 

 

これを知った周りのサクラ狙いの方々も、それに習います。

 

 

 

ナイスサイズの登場にしばらく球場のボルテージは最高潮に!!(笑)

 

 

 

 

 

1時間後

 

 

 

「ブフォォォォオ!」

 

 

 

 

トド殿参上

 

 

 

ボルテージ急降下(笑)

 

 

6時を回ったこともあって、

何となくまったりモードに入ってしまいました。

 

 

ふと見た内海側にサクラらしきもじりが見えたので、

ミノーを投じてみたものの、

 

見事に無反応。

 

 

 

外海側には相変わらずチカがひしめいていました。

 

f:id:konosirus:20190421213220j:plain

f:id:konosirus:20190421213351j:plain

 

 

気を抜くとこんな風に引っかかったり、

ラインに干渉したりします。

 

 

 

晩のおかずにでもしようかと、

「引っかかってくれると良いなー」

 

みたいなジャークで、

20メートルほどの距離を巻いてきた7時15分。

 

 

やっぱり突然でした。

 

 

 

 

 

 

 

ジャーク

 

ジャーク

 

(あ、ルアー見えてきた)

 

ギラッ

 

(!!?)

 

 

 

ドフッッ!

 

 

 

 

 

バイトシーンを見てしまったショックで、

軽くパニック。

 

そのせいで

よく覚えていませんが、

 

水面にポーンとジャンプした姿は

紛れもなくサクラマス!!

 

 

 

 

バシャシャッッ!

 

 

 

 

ジジジジーーー〜〜!

 

 

 

フッ……

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンプ後のファーストランでした。

 

ドラグが滑って魚の引きをいなしてくれている、

そう思った直後、

 

水面に大きな波紋のみ残して、

ラインの先からは生命感が消えてしまいました……。

 

 

 

 

「…………………」

 

 

 

 

 

 

 

あぁ…………………

 

 

 

 

1日一回あるかないかのチャンスだったのに!

 

 

 

何やってんだ俺!

 

 

へたっぴ!!

 

 

 

 

意表をつかれたとは言え、

手も足も出ずフックオフとは、

 

 

 

情けなや!

 

 

 

 

f:id:konosirus:20190421215355j:plain

 

ベリーフックとリアフックが伸ばされていました。

 

 

 

 

あの一瞬でもこうなるのか……

 

 

 

 

 

 

 

フックを新品に交換し、

次のヒットを狙ってミノーを投げ続けましたが、

 

日も高くなり足場の高さも相まって、

浅場特化のこのミノーでは厳し目。

 

スプーンのジャーキングに切り替えました。

 

 

 

しばらくして、

チカの群れの動きが急に不自然になったので、

目を凝らしてみていると、

 

 

群れの下を1匹のマスが悠々と泳いで行きました。

 

 

まだ食い気のありそうな魚がいる!

 

そう信じて待つこと数分。

 

 

またしても目の前をマスが通過しようとしたので、

スプーンを進行方向でリフトアンドフォールするもガン無視。

 

 

それならばとミノーに戻し

次の回遊では表層のジャーキングに切り替えると

 

 

マスのスイッチが入ったか!?

 

 

ミノーめがけ進路を変え急浮上!

 

 

しかし、

 

後ろから2度、鼻先でかすめるようにチェイスした後、

見切られてしまいました。

 

 

 

 

 

また!

 

 

 

 

今度はヒットにすら持ち込めなかった!

 

 

 

 

 

あぁ…………

 

 

 

 

もういい!

 

 

 

続きだ!

 

 

 

 

そう思いキャストを続ける覚悟をしたものの

沖からの風が強まり、

 

 

向かい風アンド風波。

 

 

後ろ髪を引かれる思いでしたが、

これ以上続けてももう反応がないだろうと諦め、

撤退することにしました。

 

 

 

色々ありましたが、

サクラ狙いは坊主ということになりました。

 

 

 

 

 

 

オマケ、

 

 

 

今日確認したヒットは私も含めて3回。

全てミノーのジャーキングでしたが、

ショアラインシャイナーだけでは、

 

レンジが浅すぎて足元、

そして中層を攻めきれなかったことも敗因の一つかと。

 

また、

目の前で釣れたルアーって欲しくなったりしますよね。

 

私もよくわかります。

 

 

 

だから買っちゃいました。(笑)

f:id:konosirus:20190421223231j:plain

f:id:konosirus:20190421223254j:plain

 

 

左はショアラインシャイナーzバーティスの兄弟(?)に当たる、

 

「ショアラインシャイナーz セットアッパー」

 

ロングリップで水を掴むディープダイバー系のミノーです。

 

 

 

もう一方はついに購入してしまった「アスリート」

 

 

実績が高すぎて、

私が今更、こいつについて語るものはもうないですよね。

 

 

 

 

 

もうホッケもカレイもとりあえずいいから、

 

サクラ獲りてぇ!

 

 

新年にも決めていた通り、

 

 

 

サクラ、ブリ、ヒラメ、サケのいずれか一つ、

手にするまでは狙い続けること!

 

 

 

 

 

獲るぞ……

 

 

今度こそ……

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは!!