朝ロック、のち午後サビキ

 

 

こんにちは。

 

先週の記事でも書きましたが、

今年は去年より少し早くからニシンが釣れてきていますよね!

 

なかなか楽しみで仕方ないので、

この週末も寒いのを承知でちょこっとだけ狙ってきました。

 

 

 

この日は風の様子が怪しかったので、

明るくなってから天気予報とライブカメラを駆使して

「これならロックフィッシュもできそうだ!」

と判断し、

朝8時前に南防波堤に到着しました。

 

 

 

f:id:konosirus:20181118200414j:plain

 

予報ではこのあと西風が強くなる予報ですが、

釣り場についたときはまだ静かでした。

 

 

例のごとく

スキップツーにタトゥーラsvtw をセット。

 

リグは14グラムで、2番フックのビフテキ

食い渋りを想定して、

まずはパンプキンカラーのバグアンツ2インチ。

 

 

ケーソンと捨て石との境目、

それと足元スレスレを重点的に狙ってみますが、

ガヤっぽいあたりが数回だけ。

 

ワームカラーを変えたりしましたが、

本命らしきアタリなし。

f:id:konosirus:20181118204643j:plain

10時ごろ、

ウィングベイで朝食代わりにパンを買い、

若竹岸壁を探るも無反応。

 

「オレってロックフィッシュ釣れないんだよなぁ〜」

思わずため息が出てしまいます。(泣)

 

 

諦めきれませんが、

所用があるため一旦片付けることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ウーン。もの足りん!」

 

あまりにも手応えが薄く不完全燃焼だったので、

先週釣れたニシンをもう一度狙うべく、

第2埠頭へ様子を見に行ってきました。

 

 

 

 

f:id:konosirus:20181118204429j:plain

ついてみると、

ポツポツと子サバがヒットし、

エギングの人にもいい人では5匹ほどのマメイカ がヒットしていました。

 

 

先週とほぼ同じ場所で、

これまた同じジグサビキで狙いますが開始30分ほどはアタリなし。

 

何組か隣のサビキにマイワシがかかったのを皮切りに、

水面にもマイワシの魚影が見え始め、

あまりキャストせずに手前を重点的に狙うとヒット!

 

抜き上げて写真を撮ろうと、

仕掛けを地面に置いた途端!

 

 

どこからともなく猫が現れてイワシを強奪!!

 

やっとのヒットでしたが

「はだしで駆けてくサザエさん」状態になるのはごめんなので、

無罪放免としてやりましょう。笑

 

 

 

また少しすると群れが来てヒット!

 

f:id:konosirus:20181118203244j:plain

 

車の下から猫が狙っているので、

手早く写真を撮って袋へ。笑

 

群れが入っている時は釣れますが、

かなり散発的なヒット。

 

 

f:id:konosirus:20181118204159j:plain

 

こんなサイズのチカもたくさんいて、

スピード仕掛けで専門に狙えば、3桁も狙えるかもしれませんね。

 

この日は7号ハゲ皮にも数匹ヒット。

 

最終的にチカとマイワシを合わせて10匹ほどをキープ。

 

狙いのニシンは確認できませんでしたが、

6月からずっとマイワシが釣れ続けているのもすごいですね!

 

 

燃え残っていた燃料も少しだけ消費出来たかな?

 

 

 

 

そうそう。

 

今年春に巻いてずっとそのままだった

タトゥーラのラインが、

度重なるロストにより半分以下になってしまっていたので、

巻き変えることにします。

 

忘れるところだった。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

 

今更ながらですが、

インスタグラム始めました!

「konosirusnonikki」という名前で、

アイコンはブログと同じになっています。

 

ブログより若干早くアップすることになると思います。

 

写真だけなら一足早く確認できるので、

そちらの方もご覧ください!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

雪降らずとも、冬の足音………アイツがきたぞ!

 

 

 

いやー。

 

 

ことしは初雪が遅いですねー。

 

山の上には1週間前から雪が降ることもありましたが、

平地ではまだまだ。

 

 

11月上旬で初雪が降らないのは百なん年ぶりとか。(実感なし)

 

 

冬が嫌いではない私には、少し物足りないような。

 

 

寒すぎるのも嫌ですが、

ワカサギもスキーもできない冬は嫌ですからね。

 

 

 

 

さて、

今週末は風が強く雨も降る予報。

 

釣りは諦めて家でしばらくのんびりしていたのですが、

昼を過ぎるまで、釣りができないような風が

ほとんど吹いていないことに気づきました。

 

雨雲レーダーを見ても

大きな雨雲は抜けた後だったようなので、

夕方に時間を作って行ってきました。

 

 

 

まずはマメイカ を狙いたかったので、

フィッシングpapaで残り少なくなっていたリーダーを購入。

 

ところが会計中に入ってきた方が、

「サビキでサバとニシン釣れたよ!」

と魚を持ち込み情報提供。

 

見てみると確かにニシンで、

型は20センチ強。

 

釣れたのは第2埠頭とのこと………

 

 

急いでサビキ仕掛けを追加購入し、

第2埠頭へと足を向けました。

 

f:id:konosirus:20181111195331j:plain

 

到着してみると、水面にはカタクチイワシの大群が姿を見せ

サバを狙ってみるも無反応。

 

買ったサビキを切ってつないで、

ジグサビキをこしらえます。

 

 

先端部に移動して2投目、

10メートルほど投げ、底からしゃくりあげてくると

中層チョイ下でヒット!

 

サバのようなブルブル系ではないぞ?

 

これはもしや………

 

 

f:id:konosirus:20181111200141j:plain

 

本当にニシンが来た!

型は23、4センチくらい。

 

ヒットしたのはサビキばりの方ではなく

ジグの方。

 

これはいけるか?

 

と思ったものの

この後しばらくあたりなし。

 

 

やっとヒットしたものの

ニシンあるある。

 

抜き上げて手元に来た瞬間に

ポトリとフックアウト。

オートリリースと相成りました。(泣)

 

コマセを使ったサビキやスピード仕掛けの方には

サバを交えコンスタントにかかりますが、

私には少し不利。

 

その後も

日が沈むまで粘ってみたものの、

雨が強くなり、寒さが身にしみてきたので納竿としました。

 

マメイカ の様子も見てましたが、

全体で10匹ほどと激シブでしたねー。

 

 

f:id:konosirus:20181111212223j:plain

1匹だけ。(笑)

小さいながらも捌けばちゃんと刺身になります。

 

生姜醤油でいただきましたが、

ほどよい脂で歯ごたえもあって美味しかったですよ。

 

 

 

私が冬を好きになる理由の一つに、

実はこれがあるんですよね。

ニシンの刺身。

 

本格化まではまだまだですが、

初雪よりちょっと嬉しい釣果でした。

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

カジカにマメイカ 秋の小樽港満喫!

 

 

 

週末は土曜日、

毎週のように用事があるので、普段は日曜日しか釣りに行けません。

 

ところがこの週末は土曜日が祝日!

禁断の2日連続釣行へ行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは土曜日。

日曜日にノリー氏と釣行予定なので

下見を兼ねた釣行になります。

 

この日は午後からの出陣。

向かったのは先週のリベンジとして南防波堤。

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

釣具屋の方に確認して見ると

先週の記事ではまだシーズンが始まっていないと思っていたのですが、

実はシーズンが終わりかけのため魚影が薄かったとのこと!

 

 

では終わる前に行かなくては!

 

 

 

f:id:konosirus:20181104201107j:plain

呼吸を確認するまで「死んでる!?」と思うくらい爆睡してる猫

釣り場入り口にいた

 

 

 

 

到着は確か午後1時ごろ。

根元から順にスピンボムを真似して

自作したスピナーベイトにデスアダーシャッド をセットし打ち込んでいきます。

 

この日は水面が穏やかだったので、

時折、岸壁に張り付くカジカを見つけることができます。

 

そうしたらそこを優先的にネチネチ誘ってやれば、

食い気のあるやつならすぐに!

 

f:id:konosirus:20181104195023j:plain

 

3時ごろにアベレージサイズを確保。

 

 

 

また少しして魚影を発見。

細かく動かしてブレードをチャカチャカ………

f:id:konosirus:20181104195453j:plain

 

この1匹を境にカジカが浮いてこなくなったので、

昼過ぎから気になってたサバにシフト!

 

 

ルアーニストに

ダイワのミニバイブレーション「小鉄」で狙うとすぐヒット。

f:id:konosirus:20181104195926j:plain

f:id:konosirus:20181104195945j:plain

こちらはジグパラセミロング7g

 

私はゲットできませんでしたが、30センチほどと思われる

サバも遠目にヒットしているのが見えました。

しばし入れ食いを楽しんだところで、納竿としました。

 

 

 

 

 

 

 

……………………っと言いたいところですが、

ぐるっと遠回りして第一埠頭へ寄り道。

 

狙うはマメイカ

 

 

f:id:konosirus:20181104200423j:plain

 

だいぶ渋かったですが、

ベーシックのエギを比重の高いスッテ で沈ませるパターンで3杯釣って終了。

 

 

 

 

 

 

 

続いては日曜日。

朝8時過ぎに南防波堤でノリー氏と待ち合わせ、

カジカとシャコの2本立てで挑みます。

 

ところが!

 

 

内海側を狙いたいのに、強烈な向かい風。

 

仕方なしに外海側で竿を出します。

 

 

f:id:konosirus:20181104202041j:plain

 

やけにでかいフグにハリスをやられながらも、

我慢我慢。

 

 

カジカを狙い三脚からわずかに離れたその隙に、

事件は起きました。

 

 

右手から来た船がだんだん近づいて、

猛スピードで20メートル先を通過!

 

「ぁあっ!!!」

 

 

ガシャーン!!

 

 

慌てて手を伸ばすも虚しく、

音を立てて竿と三脚が海へと吹っ飛びます。

 

幸いすぐに糸が切れ竿は別の竿で回収できましたが、

三脚は海の底へと沈んでしまいました。

 

 

 

 

その後も風は強くなるばかりなので移動を決断。

 

帰り際にカジカの魚影が見えたのでスピナベを落とすとヒット!

f:id:konosirus:20181104203520j:plain

ノリー氏にお土産ができてよかった!

 

 

相変わらず風が強いので

追い風になるフェリー埠頭に移動し再開。

 

3時ごろにノリー氏が帰るまで

1匹もヒットのないままになってしまいました。

 

 

 

しかもノリー氏が帰った後、マメイカ が釣れ始め、

私もリーダーの途中にウェイトを巻いてそこを重点的に探り、

日が沈むまでに4杯のマメイカ をゲット。

 

 

 

なんだか、

今日は帰り際でのヒットが多かったなぁ〜。

 

 

 

 

にしてもだよ?

あんなに近いところを船が通ることを、

風に打ちのめされた自分たちが考えているはずもなし。

 

殉職した三脚の代わりは、またゆっくり考えることにして、

ひとまず水没したタックルのメンテを行うことにしましょうか。

 

 

はぁ〜〜〜〜ぁ。

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

魚偏に秋を狙って見た!

 

 

 

前回から

ちょっとだけブランクが空きましたね。

 

 

このところマメイカ に夢中になっていて、

最近はどうかネットを使って調べてみました。

 

 

 

すると、ごン太さんのブログWater  lily blossom の釣り日記で

マメイカエギング中にスレがかりながらも

プリスポーンのケムシカジカがヒットしたとのこと。

 

 

一昨年から私の恒例行事である

ケムシカジカの岸寄りが始まったようでした。

 

 

 

それならば狙って見ねばなるまい!

 

ということで行ってきました南防波堤。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konosirus:20181026223224j:plain

ここでは一昨年、ショアジギング中に

近くでケムシカジカが上がっているのを目撃してから、

この時期になると通うようになっていました。

 

 

引っ掛けの人が多いのは難点ですが、

狙い方によっては十分よく釣れます。

 

実際に去年のこの時期には

水面まで姿を見せたカジカを目で確認し、

順番に食い気のある魚を探る釣り方で

20匹近い大漁劇を経験しました。

 

 

 

ところがなんですが………

 

 

 

 

上の写真でお分かりになる通り、

沖からの強風で風波が立ってしまっています!

 

これでは水面から魚影を確認できません。

 

 

まぁ

 

もうこの時点で負けは決まっていますが…

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは重めの3/4ozブラスシンカーのテキサスリグに

プロズワンのスパイニークロー をセット。

 

 

足元を重点的に探るも無反応。

 

 

ならば!

スピンボムにデスアダーホッグのチャートカラーで

ハイアピール!

 

細かいリフトアンドフォールで探るも無反応。

 

 

 

 

昼過ぎから4時ごろまで

ガヤのあたり以外何もなく終了。

 

 

どのようにして釣ったか分かりませんが、

岸壁上には所々血痕や卵が落ちていました。

しかしその数は最盛期に比べるとまだまだ少数。

 

コンディションも悪かったですが、

まだそんなに魚影は濃くないのかな?

 

私が狙って釣れるようなものじゃないですね(笑)。

 

 

 

今度はマメイカ か、

はたまたケムシカジカか………

 

 

 

少しは好漁できるといいのですが。

 

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

いよいよ本番!秋のマメイカ第2弾!!

 

 

 

 

どうもコノシロです。

 

前回のエギング釣行で、

うまいこと3杯のマメイカ をゲットし、

 

「そろそろシーズンインか!?」

 

 

と、ワクワクした日々を送って(呆けて)

いたところでしたが、

 

土曜日の夕方に1時間ほど、

 

そして今日の午後の空いた時間に、

「マメイカ 開花(幕)宣言」を発表するべく

出陣してまいりました。

 

 

 

 

 

まずは土曜日。

 

出かけの用事を終え、

暇ができた日没前後の1時間。

 

まずは第2埠頭基部に入ると、

先行者のバッカンにはマメイカ が1〜2匹。

 

 

そこで前回も当たった、

金アジカラーの1.5号ベーシックのエギをキャスト。

 

何投かした後幸先よく5センチほどのマメイカ をキャッチ。

 

カメラを忘れ写真はありませんが、

30分ほどで5匹ゲット!

 

今回は調査が目的なので、

暗くなったのを機に第1埠頭へ移動して見ました。

 

 

そこでは40分ほどエギを変えながらやって見ましたが

当たりが一回のみでゲットならず終了。

 

 

 

 

 

 

そして本日、

3時ごろに前日好調だった第2埠頭へ入釣。

 

昨日と同じエギで挑戦。

f:id:konosirus:20181014204127j:plain

 

1時間ほどやっては見たものの、

昨日とは打って変わって不調。

 

5人ほど入っていましたが、全体で1杯しか確認できませんでした。

 

 

 

そこで移動を決断。

 

ところが課題が一つ…………

 

「第1埠頭に移動するか?でも昨日ダメだったしなぁ」

 

 

 

かと言って今日の風は北東風。

この風向きで釣りになる他の場所は、北浜か勝納か若竹のどれか。

 

どれにしろ徒歩では時間がかかりすぎる……。

 

 

 

 

「仕方ないし、第1にするか!」

 

 

 

 

 

移動後、先行者の様子を見ると、

ポツポツ上がっている様子。

 

しばらく探っていると……

 

f:id:konosirus:20181014204948j:plain

 

スッテ の方に1杯目!

 

 

当たりが続かないのでローテーションしながら、

金アジカラーのエギに変えるとヒット!

 

f:id:konosirus:20181014205142j:plain

 

 

この後数匹連続でゲットし、

周りでもパタパタと上がったものの、すぐにアタリは散発的に。

 

 

 

暗くなってきたので、490ナノグローカラーに変え、

ボトムを丁寧に引いて来るとヒット!

f:id:konosirus:20181014205735j:plain

今度は赤帽のスッテ でした。

 

 

当たりが続かないので、

さらにローテを繰り返します。

 

f:id:konosirus:20181014205919j:plain

f:id:konosirus:20181014210037j:plain

 

ピンクグローにチェンジしたタイミングで

ヒットが続きましたが、すぐにストップ。

 

 

 

どうにもパターンがつかめないまま

今回の調査を終了することにしました。

 

 

 

 

 

 

f:id:konosirus:20181014205926j:plain

久しぶりに釣れたミミイカちゃん。

帰り際の1投、ボトムでヒットしました。

 

f:id:konosirus:20181014211537j:plain

最終釣果は

マメイカ8匹、ミミイカ1匹。

 

正味3時間ほどで、シーズン初期ならまぁまぁかな?

 

 

 

 

 

 

さぁ、この時期のマメイカ で美味しいのは

やっぱり刺身ですよね!

 

 

型も小さく身が厚すぎないので、

食感と甘みの両方を味わえます。

 

 

 

夕食のしゃぶしゃぶと一緒にいただきました!

 

(美味しかったですよ〜)

 

 

 

 

 

今回は思ったように数は出ませんでしたが、

魚影は確実に濃くなり、周りでも二桁近い釣果だった様子。

 

 

 

これはもう、

「マメイカ開幕宣言」発表されましたね!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今度こそは二桁釣りを!

 

 

 

またまたテンカラでヤマメ! 勝納川短時間勝負

 

 

 

台風一過。

 

今回の台風で、幸いにも北海道には

大きな被害はなかったようですが、

この3連休の前半2日はとてもではないが釣りにはいけず。

 

 

今日は天気も回復するということで、

体を動かしに勝納川へ行ってきました。

 

 

 

 

此度も例のごとく、

フライスタイルテンカラでのヤマメ狙い。

 

5号線から1キロほど上流から入釣しました。

 

 

雨の影響でやはりささ濁り。

 

 

まずはエルクヘアカディスで様子を見ましょう。

 

 

 

 

 

……

 

…………

 

……………………

 

 

 

ウーン、

やっぱダメだ。

 

 

ここは前回も同じ状況でヤマメを出してくれた。

逆さ毛鉤で再チャレンジしましょうか。

 

 

まずは魚の付き場が多そうな瀬から。

 

 

 

…………………

 

 

 

無反応

 

 

そこで、

淵の岸辺にかかった草スレスレにキャストし、

少し沈め気味にするとウグイがヒット!

 

 

 

リリースする時、水に手を触れたところ、

思っていたよりずっと冷たい!

 

これは去年の秋、

ノリー氏と一緒に行った晩秋の朝里川釣行を思い出す……

 

帰り道、冷え切った体は震えが止まらず、

バス停までどれだけ遠く感じたか……。

 

あれは正直トラウマです。笑

 

 

 

その日ほどではなさそうですが、

この水温の低さは季節を考えても低すぎます。

 

若干増水もしていましたし、

急激に水温が下がってしまったのかもしれません。

 

 

 

さぁ、

こうなったら流れのあるところではヤマメは定位していないでしょう。

 

 

きっと淵やストラクチャー周りの底でジッとしているはず。

 

 

 

テンカラで狙える水深は

せいぜい15センチまで沈めるのが限界。

 

ここで考えられる手は二つ。

 

ガン玉を打って毛鉤を沈めるか、

 

ヤマメのつく場所で、なおかつ水深の浅い

数少ないポイントをピンポイントで打つこと。

 

 

前者はバイトを確認する

バイトマーカー(目印)が無いと難しい。

 

後者であれば必要なのは自分の腕だけ(一番頼りない!?)

 

 

腕を磨くなら後者をとるべきでしょう!

 

 

 

500メートルほど釣り下ったところにいい筋を発見!

 

流心のすぐ脇に大きな石があって、

流れが落ち着き、水深もそんなにない。

 

しかし!

 

だいたい幅が20センチ。

長さも1メートルほどと、超難関ポイントでは!?

 

3投目でやっと良いところにフライが落ち、

少し引き波を立てて誘うと、ゆっくりヤマメがバイト!

 

すぐにアワセてランディング。

 

f:id:konosirus:20181008203523j:plain

15センチ弱

 

まだサビも入っていないので、

魚自身もまだ冬が来るとは思ってないかもしれないですね。笑

 

 

 

とは言え、ひとまず1匹確保。

 

 

 

そして気づいたのですが

 

入ったポイントからここまで

水深のある淵という淵にサケの姿があり、

時折産卵床を作る様子も見えますね。

 

良い流れがあっても

ウグイの溜まり場だったりサケがいたり。

 

 

結局5号線まで下ってきてしまいました。

 

そしてその橋の10メートル下流に、

またもやピンポイントの筋が。

 

それも、流心の奥になるのでさっきよりアプローチが難しい!

 

 

奇跡的に1投目で良いポイントに入るものの

すぐに手前の流れに引かれてしまうので

2〜3秒で打ち返し。

 

少しずつ流心に近い場所に打ちながら3投目、

沈んで見えなくなったフライにヒット!

 

f:id:konosirus:20181008211659j:plain

これも15センチ弱

 

 

なんとも釣りがいのある場所からヒット。

 

ちょっとした達成感が嬉しいものです。

 

 

 

南樽市場付近からはめぼしい場所も急に減って、

ウグイを2匹追加して終了。

 

活性が高ければ釣れる場所なんですが……

 

 

 

 

 

時間に限りがあったので仕方なく帰りましたが、

暗くなってから遠目に見た厩岸壁には

びっしりと集魚灯の灯りが………

 

 

マメイカ 釣れているんでしょうかねー。

 

 

また少ししたらマメイカ にも挑戦して、

美味しい煮付けと刺身をゲットしましょう!!

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリ狙い 高島岬ショアジギング第3弾!

 

 

 

どうもコノシロです。

 

昨日の朝まずめ、ナブラやブリの魚影を確認し、

バイトまで持ち込んでおいて、

残念ながらヒットさせることもできなかったのです。

 

 

konosirus.hatenablog.com

 

 

 

 

今日は出かけるつもりはなかったのですが、

目を覚ますと朝3時前………。

 

寝ぼけた頭で考える。

 

「道具は昨日のままカバンに入っているからすぐ出られる……。」

 

 

 

 

これはもう行くしかないやろ!

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、リベンジ釣行を決行!

 

昨日と同じく夜明け前に到着しました。

 

 

 

 

昨日より少し波があり、

潮も右から左へよく動いています。

 

ナブラは見られないので、

スロー系のコルトスナイパーフォールでまず底を狙います。

 

1投目の着底後、

1回目のジャークですでに何かがヒット。

 

 

コレは……。

 

ウン、アレだ。

 

f:id:konosirus:20180929204108j:plain

特に何も考えず撮ったため、ピンボケ。笑

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konosirus:20180929204229j:plain

昨日と同じように日が出て、

昨日と同じようにナブラ………

 

…………が起きない。

 

 

表層まで撃投やサムライジグでジャークして見たりしたものの。

 

気配ゼロ…………

 

 

 

 

10時ごろまで粘るも、

期待とは裏腹に海は平穏を保ち、

あえなくリベンジ失敗となりました………。

 

 

 

 

 

 

〜追記〜

 

午後の予定が済んだ後、少し時間ができたので、

しばらく気になっていた、走りの秋マメイカを調査してきました。

 

 

まずは第2埠頭。

ルアーニストでエギを使うのは今回が初めてですが、

第1投目は特に問題なし!

 

次は着底やアタリの感度ですが………

 

カウントしながら着底を待つと、

40カウントほどで着底を確認。

 

さらにそこから誘いをかけ、

フォール中のラインに何やら違和感が……

f:id:konosirus:20180929205726j:plain

おーー!

 

マメイカだよ!

 

エギと大して大きさ変わらないけど、

1投目で来ちゃったよ!

 

 

良かった!

小樽にもマメイカ のシーズンが到来ですねー。

 

 

その後、第1埠頭に移動する頃には

辺りも暗くなり、スッテ の連結仕掛けの方も投光器をオン!

 

隣に入らせていただき、スッテ のアシストをつけてキャスト。

 

しばらくあたりはありませんでしたが、

20分ほどしてヒット。

f:id:konosirus:20180929210710j:plain

キャップライトが不調で、

面倒くさいのでそのまま撮ってしまい真っ暗!

 

分かりにくいですがこれ、エギより小さいです。(笑)

 

 

キャップライトは叩いて直しました。(笑)

 

 

その後もレンジ、エギを変えたりスッテ を変えたり。

 

海底で探っていたエギに何か掛かりました。

 

f:id:konosirus:20180929211424j:plain

中央のグリーンのエギが私の。

それに、古いエギとスッテ がついて来ました。

 

 

その数分後、ラインにまたも違和感が。

f:id:konosirus:20180929211725j:plain

今度はしっかりマメイカ

 

外れたイカがスッテ の近くに落ちてしまい、

写真ではスッテ にかかってますが、

ヒットしたのはさっきまでと同じエギです。

 

 

このイカを釣ったところで、時間切れ。

納竿としました。

 

 

 

 

 

帰り際に釣り新の取材の方がきたので、

お話しさせてもらったところによると、

厩、手宮、北浜などの岸壁ではマメイカ は全滅だったそう。

 

 

釣果の写真が欲しいとのことでしたので、

情報提供させていただきました。

 

 

 

 

エギングで使うのは初めてでしたが、

ルアーニストで全く問題ないですね!

 

そもそも、

アタリなどは基本的にラインで取ることが多いので、

操作性さえ問題なければいいんですね。

 

 

 

 

あぁ〜。

 

ブリも釣りたい、ロックもしたい。

それなのにまた一つ釣りたいものが増えてしまった。笑

 

嬉しいような、悲しいような……。

 

まぁいい釣りものが増えるのは良いことですからね!

 

本格化までは間がありそうですが楽しみですね。

 

 

 

 

それでは!