「その瞬間」は突然に訪れた……。

 

 

は?

 

と言われそうな題名からいろんな想像ができそうですが、

一つだけ言っておくと、今記事を書いている私はたいへん上機嫌です。

 

では何があったか、綴って行きましょう。

 

 

 

この日、朝の私はどちらかといえば不機嫌でした。

 

というのも、朝マズ目を狙おうとしていたのにもかかわらず、

目を覚ますと太陽燦々、スズメのさえずり、時計は5時半。

 

おまけに家を出るとスプリットオープナー付きのハサミを忘れることに気づく。

 

「きっと今日はダメな日なんだ」と思いながらもう一度戻ってから釣り場へ。

 

 

 

 

f:id:konosirus:20180610194923j:plain

最初のポイントは勝納川河口付近。

 

久しぶりのロックトランジット  skip two  の出番で、

いつも通りタトゥーラSV TWを装着。

 

今回は完全にランガンスタイルで、

チャターベイトで早い勝負を挑み、反応があればスピニングでカバー。

初めてチャターを使いましたが、

ブルブルっとした巻き心地が楽しいルアーです。

 

勝納川河口では1時間ほどかけて端から端まで探りましたが、

特に何事もなく移動。

 

 

 

 

フェリー乗り場ではちょうど「あざれあ」が係留場所を移動中で、

ほとんど竿を出せずに移動。

 

 

 

築港臨海公園のあたりをランガンしながら若竹岸壁へと向かいます。

 

すると若竹岸壁の基部の砂地にたくさんのハゼを見つけ、

しばらくミノーで遊んでしまいました。

ワラワラと様子を見にくるハゼたちの可愛いことと言ったらありません。

 

もう一度チャターに持ち替え探って行きますが、

全くもって反応なし。

 

若竹岸壁の中の南坊よりの場所でヒラメを意識して

ジギングとの2本立てでも探りますがやはり反応なし。

 

仕方がないので左手に伸びる突堤を根本から先まで交互に打って、

先端からフルキャスト

ストップ&ゴーで探るも虚しくもう少しで回収。

「ああ、ここもダメか。流石にチャターに食う魚はいないのか…。」

 

 

ブルブルブル………… 

 

                                 ………………ガゴンッ!!

きた!!     

 

釣り番組よろしく、思いっきりアワセ!

乗った!

 

マジか!!

 

 

ゴンッゴンッガゴン!!

 

 

ほとんど足元でかかったのでラインは右に左に刺さり、

激しい首振り。

初めて味わうハードなやり取り。

 

手首を返して引きをいなしながら

バットパワーで浮かせて行きます。

 

 

 

f:id:konosirus:20180610205205p:plain

(モザイクなかったらいい顔してるんですが。笑)

水面に浮かぶ魚に思わず雄叫び。

「ッよっしゃーー!!」

 

 

あまりの声に近くの人が驚き様子を見にきます。(ゴメンナサイ)

一緒にいた方に撮影をお願いしました。

 

f:id:konosirus:20180610210035j:plain

42センチの、ランカーではないもののここらでは大型!

 

f:id:konosirus:20180610210231j:plain

上顎にがっつりフッキング。

 

大型になるとこんなにがっぷりルアーを咥えてくるんですね。

ヒットルアーとタックルはこちら。

f:id:konosirus:20180610210807j:plain

ダイワの  キジチャタ レッドシュリンプに、

デプス×プロズワン デスアダーシャッド 4インチ アオキンイワシ

 

実はこれには運命的な経緯が。

 

以前プロズワン 佐藤文紀さんにお会いし、このロッドを購入した時に

ロックフィッシュについての貴重なお話をいただいた上、

「この竿で是非大物を釣ってください。」と激励をいただき、

同時に「デスアダーシャッドはどうぞヒラメに!」

とのこと。

 

行きつけの釣具店にその話をして久しかったんです。

 

 

それが釣行前日、その店に寄ったらなんと

プロズワンのワームが入荷されているではありませんか。

お礼を言い、さっそく購入したんです。

 

また、チャターベイトもこの日がデビュー戦。

それらのことに思いをはせると、この魚との出会いには

何か不思議なものを感じざるを得ません。

 

この場所でこのルアーで、このロッドだからこそ獲れたサカナ。

自分で釣った魚、という以上に、出会えた魚という感じです。

 

このサカナとの出会いに満足し、竿をたたみました。

 

 

 

 

おまけ

まだ時間は昼下がりだったのでそのあと勝納川へ向かいました。

 

友人と計画していた(悪巧みしていた)釣行が、

悪天候で中止になったので、そのリベンジです。

 

最初のポイントで早速ヒット!

 

f:id:konosirus:20180610213520j:plain

20センチ少しのアメマス

 

ヒットルアーはダイワのシルバークリークミノー。

アップクロスで堰堤下の流れから引っ張り出しました。

 

 

その後は上流へと向かいましたが、この川には珍しく

先行者が3人も。(自分以外でミノー使ってる人は初めて見ました)

 

久しぶりに充実感のある週末をおくることができました。

今度こそ友人とも一緒に楽しみたいものです。

 

 

それでは。