ブリ狙い 高島岬ショアジギング第2弾!

 

 

 

どうもコノシロです。

 

このところ少し、

小物釣りの妙味にはまってしまって、

少しショアジギングから離れておりました。

 

ところが最近、

voxyさんのブリの釣果に驚かされ、

「フクラギでもいいから青物釣りてー!!!」

っとウズウズしてました。

 

積丹までは行けないまでも、

朝まずめを狙って高島岬へ行ってきました。

 

 

 

 

 

いつもは寝坊してしまうので、

夜が開けてから釣り場へ着くことが多いんです。

 

しかし初夏に比べて夜明けが遅いのと、

早起きできたのとで、余裕を持って夜明け前に到着。

 

 

 

今回も岬右手の崖から既設のロープをたどって磯におり、

慎重に磯をまわり込みながら先端部へ向かいます。

 

 

 

すでに空が白み始め、潮目もできていい雰囲気。

ジグをセットし、キャスト!

 

潮は全くないわけではないものの、かなり緩め。

 

 

f:id:konosirus:20180928162323j:plain

 

あともう少しで日が昇る……

 

 

 

私はこの時間が一番好きです。

 

三浦大知の曲に、

「darkest before dawn」

という曲があるのですが、

私の「夜明け」のイメージに曲想がピッタリなんですよね。

 

 

 

 

この世界に降り注ぐ朝日を誰しもが待っている…

1人でも1人じゃない、そこにいるのは君1人じゃない………

 

Darkest Before Dawn. . . . .

Darkest Before Dawn . . . . .

Darkest Before Dawn. . . . .

                           . . . . . . . . . . . .Darkest Before Dawn. . .  !

 

 

 

 

今までとは違う風景、さあここから!

という気持ちが、静かに沸き上がる感覚が気に入っています。

 

自ずと頭の中にはこの曲が流れ、

ワンピッチジャークのテンポもだんだんついてくる。笑

 

 

 

 

 

「ふふふーんふんふーん、降りそそーぐ、」

                                                    

 

 

                             (パシャ!)

 

 

 

「朝日〜を誰しもが待って〜る〜〜。」

 

 

 

      (パシャ!    バシャ!!    ズボッ!   )

 

 

 

「!?」

 

 

 

 

 

ナブラ!!

 

 

 

 

 

 

すぐさまジグを回収し、

ナブラの向こうへキャスト!

 

ナブラの下を通り過ぎたその直後……!

 

 

 

 

 

 

…………っドン!

 

 

 

 

重さが乗ったところで大きく合わせ!

 

 

 

「うりゃーーーー!!」

 

………スカッ……

 

 

 

 

 

 

 

………………のおおぉぁあ〜〜〜…!!!!

 

 

 

食ったのに!!

 

 

 

 

逃した!!!

 

 

 

 

 

 

 

もう一度キャストすると

またあたったものの、またもやフッキングできず。

 

 

 

あっという間にナブラは沈んでしまいました………。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konosirus:20180928202115j:plain

 

日が出てもなお

時折ナブラが立つので、

表層をメインにジグを投げますがそれ以降はアタリもなく、

朝まずめ終了。

 

 

家で作ってきたおにぎりを頬張り、

一旦休憩を挟み、次の手を考えます。

 

 

 

ナブラが散発的になったので

今度は底を意識して、スロー系のジグで丁寧に探っていると……

 

………ットン!

 

f:id:konosirus:20180928202541j:plain

全然引かないな〜っと思っていると

コイツでした。

 

 

朝まずめを過ぎて1時間ほど立つと

散発的だったナブラも完全に見られなくなり、

ジグを取っ替え引っ替えしてレンジ、誘いの速さを変えて探るも

反応がないまま。

f:id:konosirus:20180928203137j:plain

フグを追加して、

9時ごろにはジギングを諦めて、

ロックフィッシュに浮気。笑

 

 

メガトンロックの1番にプロズワン のスパイニークロー をセット。

誘導式の直リグでオモリは3号。

 

高島岬の左側から時計回りにテンポよく探っていきます。

 

何度かガヤのものと思しきあたりはあれど、ヒットはなく移動。

 

 

 

 

今度は近くのゴロタ場に移動しました。

 

 

リグはそのままに、めぼしい岩の隙間を狙って、

ピッチングやフリッピング、サイドキャストなど

近距離キャストで打ち込んでいきます。

 

f:id:konosirus:20180928213217j:plain

f:id:konosirus:20180928213227j:plain

小型ながら、やはりあたりは多いので、

結局はこういう釣りになってしまうんですね。笑

 

嬉しかったのは、

足元まで追ってくるアブラコの魚影が

意外に多く、実際に釣れたこと。

 

一度は30センチを越すサイズも見えました。

 

 

もう夏枯れのシーズンは終わり、

根魚が岸寄りしてきたことを実感できました。

 

 

そして、

奥へと進みながら打ち込んだ穴で探っていると

 

…ガッ…              根掛かり?

 

竿を煽ると、「ズリッ」といって上がってきましたが、

 

……なんだ?

 

平たいものが付いています。

 

f:id:konosirus:20180928214052j:plain

なんとアワビ!笑

 

からの淵に引っかかった針が、

穴の方まで貫通してしまったよう。

 

そっと放してやり、

次の魚を狙います。

f:id:konosirus:20180928214350j:plain

f:id:konosirus:20180928214357j:plain

 

20センチ強ですが、

ガヤとハチガラの良型も混じり、

合計10匹ほど。

 

夕方から演奏会を見に行く予定があったので、

1時過ぎには片付けて帰路につきました。

 

 

 

 

 

ふう。

 

今演奏会から帰ってきて、

記事の続きを書き終わりましたが、

スッゲー長くなってる。笑

 

色々あった長い1日だったんですねー。

 

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

(やっぱブリ釣りてー!)