前回の好調を再現しよう!!……あれ?

f:id:konosirus:20180321221314j:plain

 

前回の釣行で味を占めてしまった私。

仕掛けを改良する記事を書いている最中にも、天気の良さにうずうず。

 

 

ちょうど、塩イソメも余っていたところだったので、早速改良後の

仕掛けをテストしに高島岬へ。

 

今日は普段よりだいぶ遅く、10時半ごろに釣り場へ到着しました。

東寄りの風があるものの支障のない程度なので磯の先端部へ向かいます。

 

仕掛けを100メートルほど投げてあたりを待つ……間も無くあたりが!

「幸先がいいなー」

なんて思っていると、

f:id:konosirus:20180321223122j:plain

 

はい来ました。

 

今年は本当にギスが多いようだし、サイズもかなりあります。

手早くリリースし、次のあたりを待つことにします。

 

しかしこの時の私は、

これが悪夢の始まりであることを知るヨシもありませんでした。

この後、全く同じ状況が1日中続くことになります。

 

そんな中、やっとの事でソウハチやマガレイのあたりをとりますが、

結局釣れたのは20センチほどのソウハチが2匹だけ。

 

と、釣り上げたギスが何かを吐き出しました。

f:id:konosirus:20180321223938j:plain

5センチほどの小さなソウハチです。

イカナゴを捕食しているギスはたくさんいましたが、

まさかカレイまで食べていたとは驚きです。

 

ひたすらギスカジカリリース地獄にとらわれているうちに

餌も残り少なくなって来たので、

持ち込んでいたシーバスロッドでライトショアジギングを

してみることにしました。

 

カレイは不調でもホッケはいるかもしれないと思ったのと、

ギスカジカを避けてホッケだけが

ジグにかかってくることを期待します。

 

1投目、着底後スローなテンポでフォールを意識して探っていきます。

ジャーク、フォール、ジャーク、フォー…ドッ…

上がって来たのは

f:id:konosirus:20180321224952j:plain

なんとカワガレイでした。

 

「これは意外といけるかもしれない」

そう思った3投目

ジャーク、フォール、ジャーク、フォール……ゴッ…ゴン

お?

ソコソコの重量感で、よく走ります。

これはもしかして……

 

 

f:id:konosirus:20180322064530j:plain

30センチに少し足りないくらいのサイズですが、狙い通りにホッケがかかります。

 

使用したタックルはダイワのラテオ100mh、レブロス3012hで、

p eラインは1・5号

ジグはシマノのコルトスナイパーフォール30グラム。

左右非対称のボディで水をつかみながら、

スライド気味のバイブレーションフォルをするのが、

海底でイカナゴを追っているホッケにスイッチを入れるだろうと

予想してのルアーセレクトでした。

 

その後、

f:id:konosirus:20180322070023j:plain

同じくらいのサイズ

 

f:id:konosirus:20180322070120j:plain

f:id:konosirus:20180322070137j:plain

こちらは30センチ強のぼってりとしたホッケ。

フロントフックが上顎にしっかりとフッキングしています。

 

しばし小型のホッケの入れ食いが続き、時折顔を出す良型を

キープさせてもらうことにしました。

 

また、もう一つ試して見たかったのが、

ジャッカルのビッグバッカージグ40g

釣りよかでしょうというyoutuberが以前取り上げており、

気になって購入したものでした。

 

 

すると1投目、早速あたりがあり、アワセを入れるとかなりの重さ。

上がって来たのは……

f:id:konosirus:20180322071437j:plain

まさかのフロントアシストにギスが、リアトレブルには30センチのホッケ。

この後、ホッケに代わって今度はギスの入れ食いに。

 

夕まずめに入りギスの活性は最高潮に。

海底を3メートル以上きっていてもカジカのオンパレード。

 

最終的に、投げ釣りではソウハチが2匹と針を飲んでしまった小型のホッケ2匹。

ジギングでは30センチ前後のホッケが6匹と

20センチクラスのリリースが10匹ほどだったと思います。

 

 

前回、ギスのサイズと数の多さには驚きましたが、

今回はもはや呆れてしまうほど。

「前回の再現!」とはなりませんでしたが、

思いつきのジギングが予想以上にはまり楽しい釣りになりました。

 

ホッケとカレイは天ぷらとムニエルで私の腹にに収まり、

大き目の4匹は開いて干します。

 

 

投げ釣りのポイントでもジギングが有効になることがあることがわかったのは

大きな収穫でした。

いい時期に入るので、また近々出かけることにします。

 

それでは。